スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HANOI ROCKS/RIPPED OFF ODD TRACKS & DEMO 

hanoi

2009年発表作品。

Disc 1
1.Shakes
2.Two Steps From The Move (DEMO)
3.Oil And Gasoline
4.Magical Carpet Ride
5.In The Year '79 (It's Too Late)
6.Don't You Ever Leave Me (12Inch Version)
7.I Love You (DEMO)
8.Devil Woman (Original Version))
9.Cafe Avenue (Original Version)
10.Malibu Beach Nightmare (Calypso)
11.Do The Duck
12.Back To Mystery City (DEMO)
13.Until I Get You

Disc 2

1.Love's An Injection (DEMO)
2.Rebel On The Run
3.Ice Cream Summer (DEMO)
4.Willing To Cross The Ocean (DEMO)
5.Hometown Breakdown (DEMO)
6.Life's Been So Hard (DEMO)
7.Heart Attack (DEMO)
8.Menaced By Nightangels (DEMO)
9.Fast Car (DEMO)
10.Shame,Shame,Shame (DEMO)
11.Rock & Roll (DEMO)
12.Lean On Me (DEMO)
13.Never Get Enough (DEMO)
14.Black Sabbath (Feat, Razzle On Vocals & Michael On Drums)


ハノイロックスの80年代のレアトラックや日本未発表曲を収録した日本独自の企画盤。基本的にシングルのB面や、スタジオアルバムのアウトテイク、後に発表された曲のデモ段階音源等がメインを占めマニア向けの作品。あの曲のこんなバージョンがあったなんて.... てゆーか、こんな曲あったんだ..... とびっくりしたファンも多いはず(恥ずかしながら僕もほとんど聴いたことのない音源ばかりでした)初心者ファンはベスト盤を、中級者以上のファンはこちらを手にとってハノイ終焉に涙を流そうじゃあありませんか。

スポンサーサイト

HANOI ROCKS/This One's For Rock N Roll-The Best Of HANOI ROCKS 1980-2008 

hanoi

2008年発表作品。

Disc 1

1. Lost in the City
2. Tragedy
3. 11th Street Kids
4. Oriental Beat
5. No Law or Order
6. Motorvatin
7. Taxi Driver
8. Cafe Avenue
9. Love's an Infection
10. Back to Mystery City
11. Until I Get You
12. Malibu Beach Nightmare
13. Up Around the Bend
14. Don't You Ever Leave Me
15. High School
16. Underwater World
17. Boulevard of Broken Dreams
18. Million Miles Away

Disc 2

1. People Like Me
2. Day Late a Dollar Short
3. Obscured
4. In My Darkest Moment
5. Back in Yer Face
6. Better High
7. You Make the Earth Move
8. Eternal Optimist
9. Center of My Universe
10. Hypermobile
11. Fashion
12. This One's for Rock 'N' Roll
13. Teenage Revolution
14. Worldshaker
15. Grin And Bear It
16. Cheyene & Don't You Ever Leave Me (LIVE 2007)


2009年4月を持って二度目の解散を迎えるハノイロックスの軌跡を辿ったコンプリート・ベスト。生粋のファンからすれば、どうしてもこの手の作品は「あれも入ってない、これも入ってない」と文句をつけたくなるものだが、客観的に観て代表曲やライブ定番の名曲も収録されているのでハノイ初心者には1枚(2枚組だけど)で、ハノイがいかなるバンドかご理解いただけるのではないか。Disc 2の15は「Street Poetry」からのアウトテイク、16はアンディ・マッコイが歌うCheyene~名バラードDon't You Ever Leave Meというライブのハイライトを収録。解散を前にしてこのボーナストラックは、レコード会社も憎いねェ.......。




GUNS N' ROSES/Chinese Democracy 

guns

2008年発表作品。

評価:92

1. Chinese Democracy

中国人の会話のSEから始まり、風の音を引き裂く焦燥感溢れるギターリフが炸裂。アクセルは終始低音ボイスに徹しているのだけど、それでいてこのボーカルの迫力は正直他にない。ちなみにライヴ初披露は01年のベガス公演。

2.Shackeler's Revenge

アメリカのゲーム「Rock Band 2」に使用された楽曲。この曲ではミクスチャー的な要素をも取り入れているが、サビの部分は個人的には「かつてのガンズ節」を感じる。それは当然、アクセルのボーカルに限ってのことだけど.....。

3.Better

06年のNY公演でライブ初披露。ロビン・フィンクとの共作で、発表前からファンには人気の高い曲。アメリカ特有の乾いた哀愁感を漂わせる1曲。

4.Street Of Dreams

01年のベガス公演でライヴ初披露。トラックリスト発表前の仮タイトルは「The Blues」。こちらも06~07のワールドツアーで通常セットリストに加えられていた事から、ファンの認知度が高い曲でディジー・リードのピアノを主体に聴かせるアクセルお得意のパワーバラード。

5.If The World

レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ主演の映画「Body Of Lies」のエンドロールに採用された1曲。オフィシャルでは「中東を感じさせるファンク・ロック」みたいな説明が書かれていたけど、個人的にイントロのギターは何度聴いてもスパニッシュ.... あるいはフラメンコ的な感じがするんですが。。。

6.There Was A Time

06年のNY公演でライブ初披露。聖歌のようなイントロから、3同様に乾いた哀愁感を漂わせる1曲。

7.Catcher N' The Rye

郷愁感を感じさせるパワーバラード。個人的にはビートルズ的な印象を受けた。当初ギターソロはクイーンのブライアン・メイがゲスト参加して弾いたものがリークされていたが、クレジットにブライアン・メイの名前がなく、本作で弾いてるのはロン・サールとロビン・フィンク。

8.Scrapped

個人的には1番パッとしなかった曲。

9.Riad N' The Bedouins

01年のベガス公演でライブ初披露。遊牧民をテーマにした歌だからなのか、あまりにベタな例えだがツェッペリンの「移民の歌」をどことなく彷彿とさせる(ア~!というアクセルのシャウトとギターリフ)流れるようなビート感が心地よい1曲。

10.Sorry

コーラスでセバスチャン・バックが参加。なんだけど、正直バズがどこを歌っているのかがまったくわかりません・・・・・。バズいわく「"Sorry" という曲があるんだがドゥーム・メタルっぽくて、グラインドとスロービートの上にアクセルがクリーンに歌い上げている……頭から離れない」だそうです。

11.I.R.S.

06年のNY公演でライブ初披露。国家の不正を暴きだすヘヴィロックな1曲。

12.Madacascar

01年のリオ公演でライブ初披露。「Civil War」の続編ともいうべきリリックで、曲間に政治的なSEを含むなど大仰な仕上がりに。

13.This I Love

本作で唯一、アクセルが作詞作曲を手がけたバラード。個人的には「Estranged」に近い雰囲気を感じたが、アクセルの表現力はかつてとは段違いに進化している。超名曲であることに疑いの余地はないけれど、スラッシュが弾いていてもおかしくない楽曲だけに・・・

14.Prostitute

アルバムラスト。壮大なロックソング。リーク当初、これが「This I Love」のタイトルでリークされた気がするんですが・・・ 気のせいでしょうか。



製作期間14年、製作費14億円、生きる伝説ガンズの17年ぶりのスタジオアルバム。タイトルだけが一人歩きし、あるいは収録曲のほとんどがネットを通じて世界中にリークされるという、もはや手垢に塗れた印象さえ受けるこのChinese Democracy。俺にとってガンズとは、もはや他のバンドとは何もかもが違う、人生において最重要のバンド。アクセル・ローズが歌えばそれはガンズであり、このアルバムがかつてのガンズとはおおよそかけ離れていることを充分理解していたし、それを受け入れていたはずだった。が、実際に完成された作品としてCDで聴くと言いようのない気持ちが胸に押し迫った。楽曲のレベルは非常に高く、アルバムの構成にも余念がない。確かにこれは、アクセル・ローズという完璧主義者を象徴するような作品だ。そんな肯定的な気持ちと同時に、アペタイト~UYIの時代がいかにもう二度と起こりえない神がかった奇跡だったのかを同時に思い知らされた。改めて書くが、Chinese Democracyは一瞬の隙もない、それでいてライナーノーツに伊藤政則氏が書かれていたように時代を超越したアルバムだと確信している。そう思いながらも、まったく逆の矛盾した想いがある。ガンズのファンならずとも、このバンドを認識している人ならば誰しもが去りし日のメンバーでの再結成を願ってやまないことだろう。俺もその中のひとりである。が、それが99.9%不可能な以上、それだけを望む気持ちは精神衛生上あまりよろしくない。だから、それはそれで夢のまま取っておきたいし、今はこのアルバムを素直に楽しみたい。

GUNS N' ROSES/Live Era 87-93 

guns


99年発表作品。

評価:AAA

Disc 1
1. Nightrain
2. Mr. Brownstone
3. It's So Easy
4. Welcome to the Jungle
5. Dust N' Bones
6. My Michelle
7. You're Crazy
8. Used to Love Her
9. Patience
10. It's Alright
11. November Rain

Disc2

1. Out Ta Get Me
2. Pretty Tied Up
3. Yesterdays
4. Move to the City
5. You Could Be Mine
6. Rocket Queen
7. Sweet Child O' Mine
8. Knockin' on Heaven's Door
9. Don't Cry
10. Estranged
11. Paradise City


90年代最強のバンド、GUNS N' ROSESの最初で最後のライヴ盤。主にUYIツアーの音源が収録されており(東京ドーム公演の音源は計5曲、また初来日時の武道館音源は2曲)一夜の様子を納めたことでないことからか、音質の差に少々ばらつきがあり聴き苦しい点がなくはないが、ほとんどオーバー・ダヴなしなのでかなりの臨場感は感じられる。アクセルの声はスタジオ盤を遙かに陵駕するほど鋭角的で、彼が言葉を発するたびにナイフで切られているかのような印象を受ける。このアルバムが発表された時点で、アクセル以外の全メンバーが脱退。アクセルは新生ガンズとなって動き出した。最強のバンドから、ファンへの最後のプレゼント。そう思って聴くとPatienceがやけに胸に染みるのは・・・、もう二度とこの黄金より遙かに輝いていたバンドを目にする事の出来ない悔しさなのだろうか。

FC2 Blog Ranking


GUNS N' ROSES/The Spaghetti Incident? 

guns


93年発表作品。

評価:A

1. Since I Don't Have You
2. New Rose
3. Down on the Farm
4. Human Being
5. Raw Power
6. Ain't It Fun
7. Buick MacKane
8. Hair of the Dog
9. Attitude
10. Black Leather
11. You Can't Put Your Arms Around a Memory
12. I Don't Care About You


メンバーが影響を受けた、主にパンク中心のカヴァー・アルバム。何故カヴァーかと言われれば、メンバーのルーツを掘り下げるというよりは、創作意欲をUYIで使い果たしたから・・・あるいは、メインソングライターだったイジーの脱退により、高水準のアルバムを作れないから・・・と、どうしてもナーバスな意味合いが強く感じられてしまうが、アクセルが歌えばオリジナルとはまた違う魅力を堪能出来るし、バンドで最もパンクへの愛情が強いダフの張り切り具合も心地良い(このアルバムでは大半の曲がダフのリードボーカル、あるいはアクセルとの二声コーラス)とどのつまり問題は原曲を知ってるか知らないかの問題で、パンクへの敬愛が強い方にはオリジナルの方がいい!ということなんだろうけど、パンクを齧る程度にしか聴いてない俺にとっては十分楽しめる内容だった。

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。