スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆1999年7の月・・・☆ 

jp


購入しました当初は7月に入ってからの購入予定でしたが、案の定(?)我慢出来ずに先日ゲットしました3~4回、トータルで聴いていますが・・・・・ 感想はあえてここでは書きませんのであしからず

ノストラダムスの最も有名な大予言といえば、「1999年 7の月 天から到来する恐怖の大王が アンゴルモアの大王を蘇らせる」というくだりだと思いますが、さて皆さんは99年当時この予言をどう感じていたのでしょうか?一千年代最後とあって、この頃には結構特番でノストラダムスの予言に迫る!みたいなのを放送していたと思うんですが・・・ 当時バリバリの中学2年だった俺は「本当に地球が滅亡したらどうしよう・・・?」と真剣に考えていたのです・・・テレビを観れば観るほど、韮澤教授(誰か知ってるかな?)が地球は滅亡しますと真顔で言ってのけるものだから、そりゃあ怖くて怖くて仕方なかったです。

何も起こらないまま時は2008年。結局、ノストラダムスって何者だったのって疑問をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非「NOSTRADAMUS」の日本盤を購入することをおススメします(笑)

スポンサーサイト

MOTLEY CRUE/Saints Of Los Angels 

mc


08年発表作品。

評価:A

1. L.A.M.F.
2. Face Down In The Dirt
3. What's It Gonna Take
4. Down At The Whisky
5. Saints of Los Angeles (Gang Vocal)
6. Mutherfucker Of The Year
7. The Animal In Me
8. Welcome To The Machine
9. Just Another Psycho
10. Chicks = Trouble
11. This Ain't A Love Song
12. White Trash Circus
13. Goin' Out Swingin'


オリジナル・メンバーとしては11年振りとなる新作。バンドの過去を綴った自伝「The Dirt」からインスパイアされて制作された本作は、歌詞を読んで分かるとおりロサンゼルスでの、愉快でありハチャメチャな数々の悪行(?)を描いたものが多く、自然と体がムーヴするような作品に仕上がっている。プロデューサーがSixx:A.Mのジェイムス・マイケル、DJアシュバ、そしてニッキー・シックスとあって楽曲の骨組自体はヘヴィロックに近い印象を受けたが、それを意図的にモトリー節に消化させている気概も感じられた。The Heroin Diarys Soundtrackは成功と引き換えにドラッグに苛まれたニッキーの孤独な姿を描写する極めて内省的なアルバムだった。それと対照的な本作とあってして、2枚同時に対訳を読みながら聴き比べるのも中々に興味深いものになるだろう。てゆーか、ニッキーよ。確信犯でしょ?

FC2 Blog Ranking

☆ロスの聖者とノストラダムスと頭のない十字架★ 

今回の東京旅行では、大量のCDを購入し何から聴こうかさっぱり困り果てた状態の俺ですが、最近ヘヴィローテーションなのがこの作品

mc


Sixx:A.Mの影響で、徐々にモトリーに対する軋轢が消えつつあるといった状況。もっと言えば「今モトリーを聴かなければ、今後しばらくは聴く可能性がない」とも言えるので、個人的な負の想いを断ち切るべくして聴いてるのですが、アルバムの内容的には及第点といった所でしょうか。詳細なレヴューはいづれあげる予定ですが、Airyさんの言葉をパクらせて頂くとThe Heroin Diarys SoundtrackがLAの陰で、今作がLAの陽の部分を表す対照的な作品であることは間違いありませんね(Airyさん、本格的なレヴューでもこの言葉はパクらせて頂きます笑)

そして、購入後かなりの頻度で聴き込む事になりそうなのが鋼鉄神の新作

jp


2枚組100分を超えるバンド初のコンセプトアルバム今年度最も注目度の高いアルバムと言っても過言はないでしょう。聴いてない現時点でこのアルバムについて言及することは何もないのですが、B誌でのインタビューを読む限りかなり期待できそうな仕上がりになっているのでは?と楽しみにしております。ただ、明日フラゲしたい所なのですが、今月は休みがもうないのでいつも利用するCDショップに行けるのは来月かなとうなだれている次第です。欲求が限界を通り越せば、職場の近くにあるCDショップで購入しますが・・・

さて、最後になりますが東京で買った中古CDで個人的に超掘り出し物だったのがこちら。

sabbath


東京最終日になんとなく秋葉原に立ち寄り、駅近くのブックオフで1550円でゲットコージー在籍時のサバスの作品は1枚も持っていなかったので、その場で発狂してしまうほど嬉しかったのですしかし、コージーのドラムも聴きごたえがあるんですが、トニー・マーティンの声、歌い方がディオそっくりでそっちばかりに耳がいってしまうのはここだけの話そういえば秋葉原に立ち寄る前、初めて御茶ノ水のディスク・ユニオンに行ったんですが、ここでも中古フロアにT.Y.Rが売ってたんだよなぁ。。。こっちもコージー在籍時のアルバムなのに、何故かこっちは素通りしてしまった何故なんだろう?何故なんだぁ~~~


THE ALFEE AUBE 2008 RENAISSANCE@大宮ソニックシティ 

本来ならば4泊5日で、月曜日に東京から帰ってくる予定だったのですが、諸事情で急遽本日帰宅することになってしまいましたというわけで、早速大宮公演のレポートを綴って行きたいと思います(が、わけあってほとんどレポートにならないかも・・・です)

当日は13時頃の新幹線に乗り、そのまま大宮へ。大宮到着後はさいたまスーパーアリーナまで足を延ばし、6年半振りにジョン・レノン・ミュージアムを訪問して、ひさしぶりにジョンの魂に触れてきました。正直、俺はストーンズ派なのですが、歳を重ねてジョンのメッセージを見直してみると、あの時気付かなかったり理解できなかったメッセージが分かるようになり、ちょっとした時の流れを感じてしまいました

まぁ、それはともかくとして見終わった後は大宮まで戻り会場へ。席は2階中ほどのど真ん中という席で観やすかったのですが、これまたひさしぶりの仙台以外のホール会場だったので、予想以上に遠い気がしてしまいました(これが国際フォーラムになったらどうなるんだ


alfee



1.孤独の美学

何度聴いてもカッコいい曲です。今年の春から新たに加入したただすけのキーボード・・・ 意識して聴いてみると前任者の山石より滑らかで上手い気がただシンセがもたついてるような記憶もあったので・・・ まだまだ比べるには難しい所です。

2.真夜中を突っ走れ!

3.GATE OF HEAVEN

3曲目に組曲・・・ 個人的にはプログレ好きなんで問題ないんですが、やはり苦手な方が多いようで周りの席の方は座ってしまう方が多かったですね鋼鉄の巨人を持ってきた方が、アタマのノリという意味ではよかったのかも

-MC-

4.仮面舞踏会

もう泣きそうになりましたよ悲しみをぶっとばせもよかったんですが、DVDに収録されるし、是非こっちを・・・と嘆願していたのが叶いました高見沢のキーも原曲通り(だったような気が)で、もう本当に嬉しくて嬉しくてたまりませんでした

5.幻想飛行

このツアー初だと思いますが、仮面舞踏会の衝撃を引きずったままだったので、あまり集中出来ませんでした

6.夢よ急げ

-MC-

7.幼くて愛を知らず

「幼くて」が変換で出ないんですよねぇこの曲も今ツアー初です恐らく人生で失恋を経験したことがある方には、うんうんと頷きたくなってしまう名曲です。

8.Wonderful Days

9.Saved By The Love Song

白状します。ここの2曲は完全に寝てしまいました

-MC-

この日は高見沢のソロシングル「月姫」のPV撮影を朝までやっていたとのこと。

10.愛の鼓動

11.ONE LOVE

12.Nouvelle Vague

13.LOVE

14.確かにFor Your Love

15.Lifetime Love

白状します。寝たり起きたりの繰り返しで、ほとんど記憶にございません実は前日、何故か寝つきが悪く3時間しか寝ていなかったため、異常に眠かったんですよね


EN1

16.It's For You~挽歌

17.Swinging Generation

シンデレラじゃなくて良かった・・・ という感じでした。

18.D.D.D!

19.トラベリング・バンド

ALFEE IS GREAT TRAVELIN' BAND~!っていう高見沢のセリフから入りました。これもひさしぶりだったので、一瞬だけ目が覚めました

20.星空のディスタンス


EN2

21.Always

やはり、この日はバラードはダメでしたこの曲は確実に起きていたんですが、もう眠くて眠くてまったく集中していませんでした。よって何も覚えていません



せっかく大宮まで行ったのに、自分の睡眠不足からなんとも消化不良なライヴになってしまいましたかなりツボにハマったセットリストだっただけに、本当にもったいないですさんざんDVD出すなら行く意味ないじゃんとか言いましたが、寝てしまったぶんはDVDで取り戻したいと思います・・・。そして、今は自分にこう言い聞かせてます。この大宮のライヴは仮面舞踏会がすべてだったと・・・・・・・・・・。

☆さて、今日は・・・☆ 

alfee


今日はアルフィーのライヴに大宮まで行って参ります!!日曜日までの滞在予定なのですが、あいにく雨が降りそうな気配ですねぇ・・・。まぁ、とりあえず一年振りの東京楽しんできます

※地震について※ 

前の記事をあけだ時点で、揺れの強い地震が一度あったものの、その後は微弱な揺れしか感じず『大丈夫だな』と思ってたら、ニュースではかなりひどいことになってるみたいですね。

震源地の一関は、ちょうど盛岡と仙台の真ん中に位置するんですが、100キロ近く離れているため、こちらにはさほど影響はありませんでした。一応、今現在何ら支障なく過ごしているということをお伝えしておきます。

☆鋼鉄天使★ 

takamiy


8月3日より、1年ぶりとなるソロツアーが開催される我らが高見沢俊彦当初、発表されたツアースケジュールでは東北公演がなくかなりがっかりしていたのですが、無事仙台での追加公演も決まり、とりあえずは一安心ですあとはチケットを確保出来るかどうかの問題なのですが、こればっかりは運任せ、神頼みという所なので祈るばかりです(が、しかし昨年しつこいようですが奇跡の最前列をゲットしたので運を使い果たしてしまったような気も・・・)最悪ファイナルのパシフィコ横浜公演参加も考えていますが、来週に本家アルフィーの大宮公演に行くので金銭的に厳しそうな予感もします・・・。

さて、そのツアーに先駆けて2ndシングルが7月30日に発売決定!!タイトルは「月姫」なんともロマンチックなタイトルで夏に向けての幻想的なバラード?!と思いきや、バリバリのメタルのようです個人的には嬉しいことこのうえないのですが、それとは対照的に嬉しい悲鳴も・・・ というのも、アートワーク違いで3種類同時発売しかも、3種類ともカップリングが異なるという・・・相変わらずの抱き合わせ商法なのですが、まずはアートワークをご紹介します

takamiy


takamiy


takamiy


男の俺でも鼻血ブーですアルフィーのアートワークはシングル・アルバムに限らずださいものが多いのですが今回はかなり良い出来栄えなのではないでしょうか?!個人的には3枚目が好きなのですが、皆様は如何でしょう?さて、そのカップリング問題なのですが、一つは書き下ろし新曲、一つはアルフィーのセルフカヴァー、一つは91年のソロツアーで披露された未音源楽曲、というまさに三種三様な感じなんですねぇ。カップリングだけで言ったら迷わずアルフィーのセルフカヴァー「白夜」が収録されているのを購入するんですが、いかんせんアートワークが良すぎて是非とも部屋に3枚並べて飾りたい!という気持ちがあるので、結局は3枚購入してしまいそうです今まではアルフィーのアートワーク違いだとか、カップリング違いは一切無視して1枚しか買ってこなかったのですが、今回は触手が伸びてしまいそうです・・・。だって、かっこよすぎなんですもの笑(しつこい


URIAH HEEP/Wake The Sleeper 

uh


08年発表作品。

評価:A

1. Wake The Sleeper
2. Overload
3. Tears Of The World
4. Light of a Thousand Stars
5. Heaven's Rain
6. Book Of Lies
7. What Kind of God
8. Ghost Of The Ocean
9. Angels Walk With You
10. Shadow
11. War Child


英国の古豪URIAH HEEPの10年ぶりとなるオリジナル・アルバム。オープニングの表題曲Wake The Sleeperが、いきなりインストという仕掛けで聴き手をあっと驚かすが、何も奇をてらうわけではなくミック・ボックスの職人芸とも言える歪みまくったギターは、このバンドの王道以外の何物でもなかったりする。そして、このバンドといえば重厚なハモンド・オルガンも魅力の一つ。黄金期のキーボード、ケン・ヘンズレーの姿はここにはないが、相変わらず縦横無尽に駆け巡り、楽曲の肝だったと思えば、こっそり隠し味になってみたりと味のあるプレイを連発。全体を通してキラーチューンと成りえる楽曲こそないが、全体的にドライヴィンでハードなサウンドが満載。ミック・ボックスの歪みまくったギターは、まるで若手に対する挑戦状のように刺激的だ。Wake The Sleeper よろしく、まさに眠気の覚める覚醒的な1枚。

☆ロックバーと、雑記★ 

最近、妙に更新間隔が開いております。。別段忙しいわけでもないのですが、記事の創作意欲が湧かないというか・・・ そんな感情を吹っ飛ばすべく、馴染みのロックバーに行って参りました★やはり旨い酒を飲みながら、大音量でHR/HMを聴けるっていうのは幸福以外の何物でもないと感じました。んで、いつものようにカウンターで飲んでると欧米系の外国人の方が2名ほど来店し、隣りの席になったのでちょっと話をしてみたら突然・・・

「AC/DCは好きか?」

と聞かれ、彼らが来る前にマスターと「あのバンドは何がいいのか、さっぱりわからない」という話をしていたため、マスターと顔をあわせ苦笑いしていました(笑)直観的にオーストラリア人なのかな?と思って聞いてみると、どうやらそのようでAC/DCはオーストラリアで今でも人気あるのか?って聞いたら「マニアしか聴いてないよ」とのこと 彼はメタルもかじっているらしくメイデンやプリーストは人気なの?と聞くと「マニアしか聴いてないよ」とのこと・・・ やっぱりオーストラリアも日本と同じように特定の人間しか聞いてないんだぁ~と少し悲しくなってしまいましたお酒も話も進むうちに、どんどん盛り上がって行き自分はガンズが最高のバンドだって話をしたら、「ガンズは今でもオーストラリアでは大人気だよ」とのことで、アペタイトをかけながら皆で大熱唱(笑)いやはや楽しかったです

さて、そのロックバーなんですが、なんとつい先日、あのSEX MACHINEGUNSのAnchangが来店したそうです!!6/5に盛岡でライヴがあって、終演後、朝5時まで飲んでいたようですMACHINE GUNSそのものはかじる程度にしか聴いてないのですが、昨年の高見沢ソロアルバム・ソロツアー、そして7月にリリースされるソロ新作、8月のソロ(パシフィコ横浜2デイズ)に参加と、いわゆる王子連合の一員として高見沢と親交の深いAnchang。お会いしたかった~去年のソロアルバムのことや、ツアーのことを聴いてみたかったですまた盛岡でライヴがあれば、来ると思うので、その日には今度こそライヴにも行こうと思います

alfee


takamiy


さて、ここからはアルフィー&高見沢のソロの話になりますが、まずファンの方はご存じと思いますが現在行われている「AUBE 2008 RENAISSANCE TOUR」のNHKホール公演が全曲完全収録でDVD化されますね。個人的にはかなり萎えというのも、今月19日に大宮公演に参加するのですが、なんで大宮まで行くかっていったら、通常春のツアーは映像化されないからここで観なきゃもう一生観れないから、そして今回のツアーが何度でも観たいと思わせる素晴らしいツアーだったからなのですが、映像化されるなら、別にわざわざ高い交通費払って大宮まで・・・ という気分になってしまいました当然、生と画面ではまったく違いますが、心の持ちようが変わってしまいます。。まぁ、ここで行かなきゃ行かないでパチンコで負けて「こんなことなら行けば良かった」と思ってしまうので、行くには行くんですが

そして、オフィシャル発表ではないので確定ではありませんが、現在アルフィーのサポートでキーボードを弾いているTADASUKE氏のブログで、高見沢ソロツアーの追加公演がフライングで掲載されたようです(今現在、当該記事は削除されています)8月5日(火) 仙台電力ホールだそうです!!昨年はZepp Sendaiで奇跡の最前列だったのですが、今回は日程的にZeppが抑えられずやむなくこちらの会場になったのかな?ということでしょうか。キャパは1階のみの1000人規模のようで、またも大激戦になりますねまた最前列とはいわないので、どうにかチケットを確保することだけに集中したいと思います・・・。ただ、この情報はあくまで確定でなく自分自身、この書き込みを見たわけではないので、まだなんとも言えないのですが;

PS:ヒロックさんの記事をパクって(?)絵文字を活用してみましたが、使い勝手がいいということに気づきました(笑)ヒロックさん、これからもパクらせて頂きます(笑)



☆5月最も聴いた作品、6月の注目作★ 

def


レヴューが遅くなりましたが、しっかり発売日に購入しました。永久不滅のレップス節炸裂!!個人的にはHysteria同様、どれがリードトラックになってもかしくないんじゃないか?と感じました。またHysteriaと違って作り込み過ぎてないし、ラフな印象なので聴きやすいですよね。

msg


神、健在!!これもいいです。キラーチューンというキラーチューンが存在しないものの、平均的に楽曲の質が高く覚えやすいキャッチーなメロディも満載。それにしても、このレコード会社知らないんですが・・・・。

ws


初めてSHM-CDを買ったんですが、音質最高ですね。ドラムの音が立体的で、そこに「ある」ような感覚を覚えます。まして、コージーの大ファンからすれば涙モノです。さぁて、他の作品も買い直そうかなぁ・・・。

jp


鋼鉄神の新作です。バンド初となるコンセプト・アルバムで2枚組120分!!聴きごたえ充分な作品でしょうねぇ。来月のBの表紙も彼らです。そういえば、俺はペインキラーを最初コンセプト・アルバムだと思っていたんですよねぇ~。新作発売記念と表して、ペインキラーがコンセプト・アルバムだったら、どんなストーリーか・・・?という企画をやってみようかなと思ってます。

mc


さてさて、複雑な気分です。だって昨日ラジオで3曲聴いたら「イイ」んですもの。相変わらずヴィンス・ニールの声は好きじゃないんだけど、さぁて、どうなることやら・・・。

uh


鋼鉄神とモトリーに注目されがちですが、こちらも忘れてはいけません。ユーライア・ヒープも10年ぶりの新作です!!!歪んだギターにヘヴィなオルガン聴けるかな???

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。