スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F@CK! 

先日、某ブログにて(要約ですが)「リッチー・ブラックモア率いるBLACKMORE'S NIGHTの日本盤が発売されないのはおかしい。リッチーの真のファンを自称するなら、今のリッチーの活動を評価すべき」という記事があったので、それに対し僕は僕なりの意見として「70~80年代とはやってる事が違い過ぎて、ファンでも触手が延びないのは無理もない。ましてや音楽は嗜好品であって、ファンだからといって苦手なものは苦手なのだから、それをとっ捕まえて、そんなのはファンとして認められないという意見はおかしい。」と書き込みをしたところ、コメントが全削除・・・。しかも、このブログ立ち上げ時から懇意にさせて頂いていた方に。

もう、はっきり言ってその対応に愕然としましたね。皆さんはどう思いますか?という問いかけがあったから呼応したにも関わらず、自分の意にそぐわない意見は削除。肯定意見だけが欲しいなら、最初から否定的な意見はご容赦くださいと一言書けばいいのに。

だってさ、そもそもがおかしいでしょ。僕はアクセル・ローズの大ファンだしチャイニーズ・デモクラシーも大好きだけど、どこかでアクセルの大ファンだけどチャイニーズ・デモクラシーは理解出来ないという人がいるわけですよ。それを僕が「じゃあ君がアクセルの大ファンなんだというのは嘘だね」と言えると思います?トミー・リーの大ファンならメソッズ・オブ・メイヘムも支持して当然?って話です。

確かに僕も今のリッチーがやっている中世ヨーロッパに根付いた音楽も大好きですが、どうも某ブロガーの記事は「リッチーがこんなに素晴らしい音楽をやってるのに、理解されないなんておかしい」という偏った意を感じるんですよね。本人はご丁寧にBURRNの編集長や編集者のように偏った押し付けをするつもりはない、と書いていましたが。

別段、あっちが悪いとか俺が悪いのかとかはどうでもいいんですけど、自分の意にそぐわないコメントは削除という根性が気に食わない。多少熱くなるのは結構だけど、それを含めて、肯定否定も含めて、論議するのが音楽でしょ。僕は仮に「チャイニーズ・デモクラシーはクソだ!」と言われても真摯にコメントを返しますがね。

まぁ、これはあくまで僕個人の一方的な解釈で当人には当人に言い分があるんでしょうが、ちょっと否定されたくらいでコメントを削除してしまうような肝っ玉の小さい野郎がここに現れることもないでしょう。願わくば、ハートに火がついてここのコメントに好き放題書きたい事を書いて欲しいんですがね。ブロガーの皆さんは、こんな対応どう思います?

スポンサーサイト

アルフィー、シングルジャケット掲載。 

キリ良くアルフィーネタ3連発とことで

5月13日に発売される新曲「桜の実の熟する時/風の詩」のジャケット評論(?)とボーナストラックについて書こうと思うのですが、またまた文句垂れ流しになりそうな悪寒......

alfee

alfee

alfee

今回のジャケットは決して個人的に好きではないのですが、メンバーが変に写ってるよりはポップで一般ウケしそうだなーと思うのですが如何でしょうか?ジャケットで選ぶとなると... Vかなァ。そこはメタラーの本能ということで(笑)

んで、ボーナストラックが上から終わりなきメッセージ/Save Your Heart/Candele Lightということで、前回のシングル同様、音源はすべて昨年のクリスマス武道館のものと。僕は即答で終わりなきメッセージが収録されることを購入することにしました。さっきジャケットもこれがいいかな~と言ったんですが、だってSave Your Heartって歌詞ださいし、Candle Lightはどんだけ季節外してんだって感じですし.... ねェ。。もっと言えば高見沢のはCount Down 1999だったら泣いて喜んだのにな~

例によって3枚買うと応募特典があるわけですが・・・

●Aコース:200名
35周年記念 オリジナル手帳(直筆お名前サイン入り)

サインは嬉しいんだけど、その手帳をどうしろってーの?!笑

●Bコース:100名
35周年ロゴ入り 万年筆

これが唯一無難かなァ。

●Cコース:300名
オリジナル・ポスター

タダでもいらない。


黙ってA賞はサイン会にすれば良かったんじゃないかなーと。

まぁ何にせよ1枚しか買わないんですがね

まだ両曲とも聴いていないので、音源が聴けること自体は楽しみです。愛するが故の批判(?)ということで勘弁してくださいましー


アルフィー、夏の野外イベント開催決定! 

alfee

以下、サンスポより転載

3人組バンド、THE ALFEEが17日、横浜市中区の横浜赤レンガパークで会見を行い、25年続いた夏の野外ライブを今年限りで終了することを発表した。“ラストライブ”は8月8、9日に同所の特設会場で開催する。

 デビュー35周年を迎えた大御所バンドが、夏の風物詩にもなった輝かしい歴史に終止符を打つ。1982年の第1回公演以来、主に野外会場で実施してきたサマーイベント。だが、ここ2年は会場の都合がつかずに見送られてきた。

 ようやく、3年ぶりの復活を発表。同時に高見沢俊彦(55)が「この夏で集大成にしたい。ALFEEとして解散せずに35年やってきて、1つくらいケジメをつけようと思いました」と衝撃の終了宣言だ。

 86年には、お台場に生まれ変わる前の東京湾13号埋立地で、日本初の10万人コンサートを成功させたのを手始めに、数々の伝説を残してきた。もちろん、締めくくりもド派手に飾る。桜井賢(54)は、みなとみらい地区の高層ビルの屋上を指さし、「あそこから、大きな花火を打ち上げたいねえ」とひげをピクつかせた。

 この日は高見沢の55歳の誕生日。「音楽に年齢は関係ないということを身をもって証明したいです」と力強く言い切った。伝説のイベントに区切りをつけても、バンドの歴史はまだまだ続く。


以下、日刊スポーツより転載

THE ALFEEが恒例のサマーイベントを今年限りで終了する。17日、今年の会場となる横浜・赤レンガパークで行われた会見で明らかにした。今年は8月8、9日の2日間で計6万人を動員する予定。82年から開催し、今回で動員人数が150万人を突破する人気イベントだった。「終わりのないバンドと言われますが、1つぐらいけじめをつけたい」というメンバーの意向もあり、夏の風物詩の終止符を宣言した。

 今年でデビュー35周年を迎えるTHE ALFEEは年間60本前後の公演を行うなど、日本有数の動員力を誇る人気バンドとして知られる。サマーイベントは今年で26回目。こだわりを持ってこれまで開催してきた。会見で高見沢俊彦(55)は「年がら年中コンサートをやってきて、屋外コンサートはこの夏で、いい意味で終わりにしようと思います」。淡々とした口調で終止符を宣言した。

 理由はさまざまある。サマーイベントだけに、会場は基本的に野外にこだわってきた。高見沢が「東京ベイエリアと名付けたのはボクです」と胸を張った86年の東京湾13号埋め立て地。そのほか、横浜・赤レンガパークや埼玉・朝霞米軍キャンプ跡地など、ミュージシャンとして初めてライブを開催する場所も少なくなかった。高見沢は終止符を打つ理由の1つとして「誰もやってきたことがない場所がなくなってきている」と、会場の問題を挙げた。

 野外ライブを取り巻く環境の変化もある。今年の開催地、横浜・赤レンガパークでのライブは3回目。桜井賢(54)は「昔は音の出し放題だったよね」。坂崎幸之助(55)は「最初は倉庫で何もないような所だったのにね」。高層ビルが立ち並ぶ周囲をしみじみと見渡した。近年、同パーク周辺はマンションやショッピング施設などが増え、騒音問題が浮上。騒音対策や警備上の問題などから、この2年は野外ライブを断念した経緯もある。今回でのサマーイベント終了も、騒音問題が大きな理由のようだ。

 最後のサマーイベントのタイトルは「YOKOHAMA PERFECT BURN」。完全燃焼と名付けた。高見沢は「やってみないとさびしいかどうかは分からない」と、さすがにまだ実感はわかない様子。「(ヒット曲)『星空のディスタンス』を屋外で歌う最後かと思うとグッとくるね。今までと違う野外のテンションになります。完全燃焼して、夏の集大成にしたい」と誓った。



alfee

以下、ヨコハマ経済新聞より転載

結成35周年を迎えたロックバンド「THE ALFEE(ジ・アルフィー)」が4月17日、横浜市役所を訪問し、8月に開催されるトライアスロンイベントへ応援ソング「冒険者たち/The Adventure Begins」を贈呈した。

 提供する曲は、8月21日~23日に行われる「2009トライアスロン世界選手権シリーズ横浜大会」「世界キッズトライアスロン大会」「世界こどもスポーツサミットin横浜」の3イベントの応援ソング。「自分やタイムへのチャレンジ=冒険と、未来に向かって突き進む子供たちへ贈る応援歌」が曲のイメージコンセプトとのこと。

 またバンドとしては、2006年以来休止していたサマーコンサートを、3年ぶりに8月8日、9日に赤レンガパークで「最後の夏イベント2009」として開催することを発表。3つのトライアスロン関連イベントのプレイベントと位置づけ、曲の演奏でトライアスロンをPRする。動員は6万人の予定。コンサートには横浜市民枠を設けるほか、収益の一部をトライアスロンに寄付する。野外イベントを行うのは今回で終了の予定。

 THE ALFEEと横浜市とは、Jリーグ横浜FCへのオフィシャルチームソングの提供や、1994年の国際会議場「パシフィコ横浜」国立大ホールの落成記念コンサートのほか、市内で86回のコンサートを実施してきた経緯がある。曲の提供は横浜市から依頼。

 メンバーから楽曲のCD盾を受けとった中田宏横浜市長は「冒険者たち」について「躍動感あふれる曲。私も曲を作って恩返ししたいと思ったくらいです。多いに活用させて頂きます」と話し、3人に「開国博Y150」のマスコットキャラクター「たねまる」のぬいぐるみをプレゼントした。

 ボーカルの櫻井賢さんは「都心部でトライアスロンが開催できるのは、横浜の海が泳げるほどきれいであるということ。微力ながら我々としても協力できることを誇りに思う」と。「冒険者たち」を作詞・作曲した高見沢俊彦さんは「THE ALFEEEはメンバー交代や活動休止もなく35周年を迎える。どこまでやれるか『冒険』でもあり楽しみでもある。音楽は年齢ではないことを証明したい」と話した。



今年で最後ですかァ。そう言われるとなんだか寂しくなりますね

最後に行ったのが04年の夏だから、もう5年も経つのかァ。。

これは行こうかな

アルフィー、ツアーグッズ画像掲載。 

・パンフレット

alfee

絶対にこの表紙をツアーポスターにした方がよかったんじゃ???う~ん、高見沢先生どういうセンスをしてらっしゃるんだろ(謎)

・Tシャツ

alfee

ツアーポスターとパンフレットとTシャツと、文字の字体がすべて違うって一体......Orz これがアルフィークオリティ。

・バッグインバッグ

alfee

興味の対象外。

・クッション

alfee

こりゃあいいかも!けど、使うか使わないかって言われたら使わないな~。

・復刻ギターキーホルダーセット

alfee

この丸っこい感じが好きじゃないんだよな~。けど生まれ年の復刻版だから購入を検討中。

・ランチパックセット

alfee

高校生の時なら買ってたかもなー。

・パワーストーンストラップ

alfee

3種類ありますが、どれもいらない。

・クリームクッキー“CONFIDENCE”

alfee

手を変え、品はあまり変わらず。

・チーズおかき「はいっチーズ!」

alfee

上に同じく。

・ピックセット

alfee

これは毎回買ってるので。あ、高見沢さん、ピックはあまり投げない方がよろしいみたいですよ。

・ツアーバッグ

alfee

これを持って歩いた人が終演後多いですねー。



いやー、今回もロクなグッズがありませんなぁ。。パンフレットとピックだけで済むかな?金銭的にはありがたいのだけれど、なんかライヴ終って家に着いた後の余韻がこれだけじゃあ少し寂しかったりもするし。。。ライヴまで3週間くらいですが、未だチケットを取ってませんさぁて、チケット探しの旅に出ます






3年目~!! 

新年度がスタートしましたね気づいたら、このブログも3年目に突入致しました。画面左の自己紹介欄には「21歳」と書かれていますが、実に年齢詐称でございます(笑)このブログを立ち上げた当時!21歳でございますので。。。という事で、3年目に突入しましたが、読んでくださる皆さんがいてこそ文章を書く意欲が湧いてくるってもんなので、これからも何卒よろしくお願い致します

さて、3月は我が最愛のバンド、ハノイロックスの日本最後のツアー@仙台を堪能致しまして、もうハノイ漬けの毎日だったわけでして、マイケル・モンローのソロアルバムを完全レヴューしようと思っていましたが、ここで一時中断させて頂きまして、ひさしぶりにアルフィー話でもしよかと思います

ニュースと致しましてはファンの方なら既にご存じだと思いますが5月13日にダブルA面シングルとして「桜の実の熟す時/風の詩」がリリースされます前者は木曜ミステリー「京都地検の女」の主題歌、そして後者は映画「ウォーロード/男たちの戦い」の日本語版エンディングテーマに決定致しましたこの映画の主演は  ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武の3人で史実に基づいた長編大作のようです以下、映画公式サイトに寄せられた高見沢のコメントです

「史実に基づいた、3人の男たちの愛と友情と戦いの物語を見て、心が震える程感動しました。
今回、この『ウォーロード/男たちの誓い』の日本版エンディングテーマソングを担当することになり、映画を見る前に、ある程度イメージしていた楽曲が自分の中にはあったのですが、そのパワーと情熱の映像は、すべてを書き直させる迫力を持っていました。"ウォーロード"という壮大な物語と共に「風の詩」とタイトルされた35年目のアルフィーの新曲を、是非とも劇場の大スクリーンでご堪能下さい」


いやー邦画やアジア映画に興味のない僕でもちょっと観ようかな(ミーハー!)

現時点でどちらの楽曲もOA解禁されていないので、曲に関する内容を明言することは出来ませんが、これはなんだか2曲とも期待できそうな雰囲気がしますねェ~。ここぞという時の高見沢の描くシングルって、ずば抜けた傑作を作りますからね

んで、その高見沢。アルフィーとは別にソロ名義でなんとヤッターマンのカバーを歌い、その曲がアニメ「ヤッターマン」の主題歌に決定しました

 実写版映画が公開から4週連続1位を達成し、今最も注目されているアニメ「ヤッターマン」。4月5日より、放送枠が日曜日朝7時へと移行するのを機に、オープニング・テーマ“ヤッターマンの歌”もリニューアル。なんと、THE ALFEEの高見沢俊彦が、メタル風アレンジで同曲をカヴァーする。
 
 今回のカヴァーに関し高見沢俊彦は、「“ヤッターマンの歌”をソロ名義でカヴァーさせてもらうことになり、ワクワクしながらスタジオ作業を進めさせてもらいました。というのも、楽曲の作者である山本正之さんとTHE ALFEEは、30年以上前の苦い過去を共有していました。〈3億円強奪事件〉の時効に合わせてTHE ALFEEの歌う、山本さん作のパロディー楽曲“府中捕物控”の発売が大人の事情により、何と発売日前日に発売中止になってしまったのです。今回は、そのリベンジを果たすべく、超ハードなメタル風アレンジで、アニメ・ソングのスタンダードとも言える“ヤッターマンの歌”を仕上げてみました」と、コメントしている。日曜朝に響く、高見沢俊彦のハイトーン・ヴォイスは、一聴の価値ありだ。


これはちょっと..... 日曜日の朝から高見沢の下手くそなシャウトが家中に......まぁ目は覚めそうですが、小学生の子たちはびっくりしてしまうんではないでしょうかね結局上げて落とすような文章になってしまいましたが、とりあえず今年デビュー35周年を迎えるアルフィー、飛ぶ鳥を落とす勢いの快進撃に期待します





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。