スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ローズの半生とガンズ誕生、そして崩壊への道のり。 

guns

17年ぶりとなるニュー・アルバム『チャイニーズ・デモクラシー』を昨年末に発表し、大きな話題を集めたガンズ・アンド・ローゼズ。その看板ヴォーカリストにして唯一のオリジナル・メンバーであるアクセル・ローズの型破りな半生を詳細に綴った評伝本。ガンズで味わった天国と地獄とはいったいどんなものだったのか? アクセルの人となりは? 著者であるミック・ウォールがアクセルをはじめとするメンバーたちとの数多くの取材を元に「人間アクセル・ローズ」の実像を浮き彫りにする。

【内容】

ただ一人、ガンズ・アンド・ローゼズを守り続けた男、アクセル・ローズ。
本名ビル・ベイリーがどのようにしてアクセル・ローズへと変貌を遂げたのか?
ガンズはどのようにしてアメリカン・ドリームを実現したのか?
デビュー当時からガンズと交流のあった音楽ライターである著者が、アクセル・ローズのジェットコースターのような半生を克明に綴った問題作!14年ぶりとなった最新作『チャイニーズ・デモクラシー』へと至る長い長い道のりがここに記されている。



ようやく読み終えました・・・・・・。384Pで途中一切挿絵がないので、ものすごーく集中力を要しましたこの本の著者であるミック・ウォールって方、実はUSE YOUR ILLUSION Ⅱに収録されている「GET IN THE RING」の歌詞中で物の見事に名指し批判されてる方なんですね(笑)本を読むまで気がつきませんでした。

さて、本の内容はアナウンスにあるようにアクセルの幼少期~2008年初頭までを克明に辿った歴史本です。これは物凄く貴重だな~と思ったのが、アメリカの音楽雑誌でのアクセルのインタビューが数多く掲載されてるという点ですね。後追いの僕からすれば、アクセルのインタビューを読んだのってメタリオンに復刻掲載された過去のB!誌でのたった2回のインタビューを読んだ限りなんですよね。あちいの取材ですら受けるかどうか分からない人なのに、日本の雑誌のインタビューを受けるはずもなく・・・ 故に、日本人にとってはほとんどが初めて目にするアクセルのインタビュー記事ばかりだと思います。

その他にもスラッシュ、イジー、ダフ、スティーヴンのインタビューも掲載されておりガンズファンならずとも非常に読み応えのある一冊だと思います筆者もアクセルに寄ることもなく、スラッシュ側によることもなく、インタビューから経た「事実」を克明に記録してるように思います。残念ながらチャイデモリリース前に書き終えた本なので2007年で話は止まっていますが・・・・・ 

来月にはスラッシュの自伝:翻訳されたものが日本でも発売される予定なので、スラッシュ自身が語るガンズ崩壊史が楽しみ(?)でありますね。お値段3000円と少し高値ですが、おススメです

スポンサーサイト

高見沢ソロ情報。 

alfee

高見沢俊彦 Kaleidoscope Ⅲ ~誘惑のBlood~

9/05(土) 渋谷C.C.Lemonホール

9/06(日) 渋谷C.C.Lemonホール

9/13(日) Zepp Tokyo



NEW SINGLE 「Vampire ~誘惑のBlood~」「ヤッターマンの歌」

カップリングがそれぞれ異なる3枚同時発売。

「へびめたバケーション!~筋トレ編」

「真赤なウソ」

「悲劇受胎2009」




うーん、本音を言えば35周年だからアルフィーのみに集中してもらいたかったなぁ未だ参加する予定はありませんが、涙必至であろう最後の夏からわずか数日でソロシングルって。。これで秋に出るアルフィーのアルバムが傑作だったら、高見沢が言ってるようにソロから得たものを還元するという見方も出来るけど前作、前々作くらいのレベルの作品だったら「ソロをやってるから本家に集中出来てない」と言われてもしょうがないぞ.... もろ刃の剣ですな



LOUD PARK 2009。 

今年で4回目となる、日本唯一のメタルフェスといえばラウドパーク

遂に第1弾アーティストが発表されましたが、今年は凄い面子ですなぁ・・・

judas

JUDAS PRIEST

「BRITISH STEEL」発売30周年記念によるアルバム完全再現ツアーを現在ホワイトスネイクとカップリングツアーを開催中。日本でも間違いなく完全再現されることでしょう・・・ ラウドパークでは完全再現で、単独では+@アンコールで他の曲?

slayer

SLAYER

今まで触れる機会がなく知識はあまりないんですよねぇなので単独で観に行きたい!という想い入れがないぶん、ラウドパークで観るのが吉か?!

ROB ZOMBIE

待望の初来日!この人もかじる程度にしか聴いてないんだけど、これを逃したら今度はいつ来日するか分からない・・・(いや、来日しないかも)

MEGADETH

スレイヤーと違い、触れる機会はあったもののデイヴ・ムステインの声が生理的に受け付けないという根本的な欠点が・・・ ただ最近「United Abominations」を聴いたら、あまり声に違和感を感じなかった見直す価値あり?(そりゃあありですよね

ARCH ENEMY

デス声はどうも・・・ あまり興味なし。

FAIR WARNING

Angels Of Heavenをやるなら、生で観たい。

以下、興味なし。

NAPARM DEATH

OUTRAGE

POISON THE WELL

LAZARUS A.D

and more...!



会場が幕張メッセというのが難点ですなぁ・・・ さいたまスーパーアリーナなら新幹線1本で行けるようなもんなんですけどねあんまり知らないバンドはスタンドでまったり観ていたいので・・・ てゆーか、今さらながら去年の2日目に行っておけばよかったなぁと後悔その翌日のダフ単独に行ったのだから行けるチャンスは十二分にあtったんですよね。。。モトリー観たかった(←ほんとに今さら)

さぁて、どうしようかな(結局行かないけど!)



26回目の最後の夏は・・・。 

alfee

3年ぶり26回目となるアルフィーの夏の野外イベント都心近郊での開催~騒音問題等(まぁ実情は集客力の低減もあるのでしょう)から、今年の夏のイベントで打ち切りということで、タイトルもPERFECT BURN=完全燃焼と銘打った集大成ライヴになるでしょう

思えば、日本初の10万人ライヴ~単独開催では初となるオールナイトライヴ~関東5大スタジアム制覇という偉業も、この夏のイベントから生まれましたそんな夏の風物詩とも言えるイベントが今年で最後というのは非常に寂しい感じもしますが・・・ 個人的に今のところ参加予定はナシです。夏の暑い東京に行くのはどうも気がひける・・・ また雰囲気を味わう分にはいいのですが、やはり席によってはひたすらモニターを見続ける事になる・・・ またお盆の直前で、友人たちが帰省(=飲みに行く機会が増える)・・・ これが10年に1度しか来日しない外タレが来日!という話なら別問題ですが、まぁ毎年少なくとも2回は見ているバンドなのでいいかなァ~という感じでしょうか

僕の夏イベ初参加は遡ること7年前の西武ドーム2デイズでしたそして翌年の大雨に見舞われたみなとみらいさらに翌年は30周年記念のみなとみらいと、3年連続3回ほど参加してきました。それなりに夏のイベントに思い入れもありますが、まぁそれはそれで大事に取っておこうかなと思ってます。

まぁ、やっぱり行きたい!と思えば、もちろん参加することにしますが・・・


※追記:間違って下のアクセル本の記事を消してしまいました・・・ すいません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。