スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE ALFEE/ONE -Venus Of Rock- 

alfee

06年発表作品。

評価:80

1.愛を惜しみなく
2.天河の舟
3.春の嵐
4.Innocent Love
5.ONE LOVE
6.夢のチカラ’06
7.Change
8.Shout
9.100億のLove Story
10.ONE


「Venus Of Rock」と副題がつけられた20th。1~3を聴く限り意図的に90年代中盤以降のサウンドに戻ってきた感はあるものの、それ以降は相変わらず統一性のない無節操なアルフィー・ワールドを展開。無節操さは今に始まったことじゃないし、無節操さが生んだ名盤があることを知っているからそこを非難はしないけれど、このアルバムは単純に曲のクオリティが低い。過去の曲からのフレーズ引用も目立ち、高見沢のボーカルの質の低下も顕著に現れているだけで、はっきり言えばアルフィーに関する高見沢の作詞・作曲は枯れたなと思えるほどだった。まぁ、でも90年代回帰の1~3がある分、前作よりはマシか。

スポンサーサイト

コメント

また登場! 苦笑

このアルバムは昨年末に初めて公演に行ってから すぐに買い求めた 私の記念の一枚!

が、しかし デカジャケ云々知らずに普通の一枚求めたら これが「真面目に作った?」
って聞きたいようなデザインで・・・

M1~M3は名曲♪だけれど
M3は「アアア~」無いほうがスッキリすると思うなぁ~
M10もいいんだけれど アルバム出るとすぐ次のマラソンがあって すぐに過去の物になってしまったのが惜しい・・・

>虹さん
アルフィーの記事はコメントが少ないので、何回でもコメント頂けると幸いです♪

このアルバムって、実は過去のマテリアルからの引用が多い作品ですよね。愛を惜しみなくはリフがDARKSIDE MEDITATIONにそっくりだし、春の嵐は変拍子の部分なんかBrave Loveと一緒ですよね。まだまだあるんですが、それでもまず良質なアルバムだと思います。

次作は、これをもっと濃厚濃密に仕上げたアルバムを期待したいです(ο^∀^)ノ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/126-82e15c20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。