スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Judas Preast/Screaming For Vengeance 

judas


82年発表作品。

邦題「復讐の叫び」

評価:B

1・The Hellion
2・Electric Eye
3・Riding On The Wind
4・Bloodstone
5・(Take These)Chains
6・Pain And Pleasure
7・Screaming For Vengeance
8・You've Got Another Thing Comin'
9・Fever
10・Devil's Child

バンドが全米制覇を果たした代表作の一つに数えられる本作。40秒ほどの序曲The Hellionからブレイクを挟まず、Electric Eyeに移行していく流れは、その後数え切れないほどのバンドが模倣した歴史的な1シーンである。が、しかし個人的にこのアルバムはそれだけだったりもする・・・。決して全体のレベルが低いわけではなく、それなりに楽しめるし人によってはこれを最高傑作と謳う人もいるだろう。それを認知した上での個人的な評価なのだけれど、やはりすべてを1~2に持っていかれたという印象は拭いきれない。俺はこのアルバムの内容よりも、歴史的な1シーンが収められているという存在意義を重要だと感じさせられた。

スポンサーサイト

コメント

これは 好きなアルバム!

彼等は 訳すると笑えるような(クダラナイトモイエル)内容の歌詞を、完璧なツインリードと これ以上無い位完璧な金属的ヴォーカルで ビッチリと創り上げる 素晴らしいバンドです~

高見沢氏ソロアルバムの冒頭を聴いて
このアルバムの冒頭を思い出したのは
私だけ??? 笑

>虹さん
禁断の果てのイントロ~ギターリフはそっくりですね(笑)意識して作ったと思います☆

そーゆう意味でも、多方面に影響を与えたアルバムに違いありませんね!

ロブ復帰後のライヴを武道館で観ましたが、やはり“The Hellion ~Electric Eye”の流れは鳥肌モノでしたね☆
ロブの衰えは顕著でしたが・・・(^^;)

>ヒロックさん
The Hellion~ぜひ、一度生で体感してみたいものです。俺もDVDで観ましたが、ロブの痛々しい姿には失望してしまいました^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/131-2f50d206

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。