スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HANOI ROCKS/Street Poetry 

hanoi


07年発表作品。

評価:AAA

1・Hypermobile
2・Street Poetry
3・Fashion
4・Highwired
5・Power Of Persuasion
6・Tennage Revolution
7・Worth You Weight In Gold
8・Transcendental Groove
9・This One's For Rockn'roll
10・Powertrip
11・Walikin' Away
12・Tootin' Star
13・Fumblefoot And Busy Bee

80年代、バンドの作曲はほとんどアンディ・マッコイがひとりで担当していた。02年「Twelve Shots On The Rocks」はマイケルのソロ用の楽曲を持ち出したこともあり、マイケル色の強いアルバムに仕上がった。05年「Another Hostile Takeover」はマイケルとアンディの共作がほとんどを締め、他のメンバーが曲を提供する隙がなかった。そして本作は、初めてコニー・ブルームが作曲段階から携わった正真正銘のロック・アルバムなのである。バラードを1曲も収録せず、これでもか!と言わんばかりの猪突猛進なエネルギーには誰もがひれ伏すだろう。80年代を彷彿とさせる哀愁のFashion、Worth You Weight In Gold、リフと勢いで攻めるHypermobile、Highwired、Powertrip。そしてロック賛歌、あるいは人間賛歌とも言えるTeenage Revolution、This One's For Rockn'roll。すべてがHANOI ROCKSという名の輝きに満ちており、捨て曲一切ナシ!!完璧、お手上げである。


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

コメント

これは傑作です!

こんにちは!
遅コメすいません。
このアルバムで再結成HANOI ROCKSが完成したと感じました。
MichaelとAndyの肩の力が抜けて、本当に自分たちの音楽を楽しんでるっていうのが伝わってきますね。

バンドの雰囲気の良さが作品に強く反映されてると思います!

>Airyさん
まさにTHE BANDなアルバムですね。復帰後では、文句なしに最高傑作です!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/167-5ea571a1

自然体で気持ち良いロッケンロー♪ HANOI ROCKS : Street Poetry

実は私、HANOI ROCKSのデビューを知ってますw(←年がばれまんがなw) 当時デビュー曲の\"Tragedy\"をラジオで聴いて、あまりにへたくそなんだけどやたらキャッチーで、サビメロがぐるぐる頭の中で回って、いつの間にか好きになってますた(笑 そんな彼らもバンドメン...
  • [2007/12/27 17:18]
  • URL |
  • Spirit In The Sky |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。