スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※評価基準、現在までの殿堂入り※ 


当ブログの、アルバムレヴューはS,AAA,AA,A,B,Cの6段階評価となっております。

S→演奏、構成、曲順、アートワーク、何から何まで完璧。奇跡としか形容出来ない超名盤。

AAA→音楽史上歴史に残る名盤。

AA→歴史的とまではいかないが、名盤と呼ぶに相応しい内容。

A→名盤とはまではいかないが、全体的に楽しめる内容。

B→イイ曲こそあれど、全体的に総じて厳しい内容。

C→ラックのこやし以外の何物でもない駄作。

基本的にSとCは滅多に出ないものと思って頂いて結構です。Sが出ない理由は、やはり人間に多大なる影響を与えた(人生を変えてしまうような)アルバムなんてものは、そうそうあるものではないと思います。Cはが出ない理由は、当ブログでは基本的にイイ作品を紹介したいと思います。かといって、まったくでないかと言われればそうでもなく、歴史の長いバンドであれば全アルバムレヴューする時に、駄作だからこれはレヴューしないというのもどうかと思いますので便宜上書きはします。ただ、それが読者様にとっての名盤である場合もあるので、そこは価値観の違いということでご了承ください。

現在までのS評価はTHE ALFEEのorbのみになります。

なお、2007年度の大音量ロックアワードのBEST10を、完全版ということで更新致しました。こう言ってはなんですが、年末に急いで書いた記事ということもあり、ある意味暫定的な内容になってしまったため、今回が確定ということで更新させて頂きました。

こちらも、再度ご覧いただければ幸いです。

大音量ロックアワード2007~BEST10~

それでは、今後も当ブログをヨロシクお願い致します。

ガブリエル





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/179-a3d451b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。