スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆1月、最も聴いたアルバムと2月の注目作★ 

早いもので、今日からもう2月ですか。1年の12分の1が終わってしまいましたよ!!って、そんなに焦ることでもないのですが、とりあえず1月は個人的に興味のあるバンドの新作は出なかったので、06年末に発売された作品や、最近お気に入りの旧作ばかりを聴いて過ごしてきましたが・・・ 今日はその「最も聴いた」新作を3枚、旧作を2枚、そして2月注目の1枚をご紹介しようかと思います。では、まず新作から。

six


購入当初は、なんだか微妙の1点張りだったのですが、聴けば聴くほど味の出てくるアルバムですねぇ。ロックスターとは切っても切れない縁にあるドラッグ。それに溺れ地獄の淵を彷徨った男の救いのない道・・・ まぁ一般庶民の我々が同じ経験をすることは確実にありえませんが、ニッキー・シックスだからどうだとかではなく、ロックスターの苦悩という風に解釈している自分にとっても、命とはなんぞや?人生とはなんぞや?と考えさせてくれるアルバムですね。特にLife Is Beautifulは名曲ですねぇ。ただ、アルバムの内容と正反対にアートワークは最悪ですが・・・。

helloween


そして、来日まで1週間と迫ったHELLOWEEN。いやー、これも名作です。アンディ・デリス期としても最高傑作じゃないでしょうか。新旧を見事に融合させた感じの内容で、バンドのブランド品質の底上げにも成功。アルバムのトータルコンセプトは「悪魔とのギャンブル」ですが、対訳を読んでもそんな感じがしないのは俺だけでしょうかねぇ?まぁ、しかしこのアルバムのアートワークもいただけません。

gamma ray


新作最後は、HELLOWEENと一緒に来日するカイ先生のバンド。いや~これは大傑作です。Gamma Rayに、さほど思い入れのない俺でもこのアルバムで一気にフェイバリッドになってしまいました。てゆーか、Land Of The Freeよりもこっちが好きだなぁ。そういう意味では、最近流行りの「名盤の続編」でことごとくコケまくるバンドとは大違いのような気も。パクり癖は相変わらずですが、もうカイ先生はパクってなんぼのような人なので、皆さん目くじら立てずに暖かく見守ってあげようじゃありませんか。アートワークもイイですよ。メイデンっぽくて(笑)

dt


ここからが旧作。1月に1夜限りの来日公演を行ったDREAM THEATR。このアルバムは世が言うほど名盤だとは思わないし、好きな曲もメトロポリスくらいなんですが、何故かずーっと聴いてましたねぇ。集中して聴けば、また印象が変わってくるのかな?とも思うのですが、今のところテクニックが凄い。それだけです・・・。

angra


ご丁寧に帯までついてます(笑)最近、車の中では常々このアルバムですね。それも基本的には嵐が丘をリピートしまくりです。心が和みますね~!!けど、職場に着く直前はCarry Onでテンションあげて、仕事に励みます。仕事直前に何を聴くかによってモチベーションって変わってきませんか?

royal hunt


なんだか、ぼやけた画質ですが、2月の注目作はなんと言ってもROYAL HUNT!!!もう大好きなバンドなのですが、しかも今作は95年発表のバンドを代表する名盤PARADOXの続編と言うんだから期待度もアップ。ただ・・・ジョン・ウェスト脱退とマーク・ボールズ加入はどの時点で決まっていたのでしょうか?要はジョン・ウェストが歌う事を念頭に新作を作ったのか、それとも曲作りの時点でマーク・ボールズ加入が決まっていて、彼が歌う事を念頭に新作は作られたのかということです。何せFearの時のように、DCが歌う前提で作ったものをジョンが歌い、結果的に微妙という評価しか得られなかった・・・みたいなことになったから困りますからね!!まぁ、しかしアンドレのことです。バンド再復興を本格的に示す内容であるでしょう!!

と、まぁこんな感じです。
最近レヴューをさぼっていますが、ROYAL HUNTは新作発売記念として今月中にすべてのオリジナル・アルバムをレヴューしたいなと思っています。乞うご期待!!!
スポンサーサイト

コメント

SIXX:AMはmarkmarkさんのブログでも紹介されて
いたのですが、ガブリエルさんもどうやら○ということ
なので購入決定しました!^^

その他のアルバムについては、ガブリエルさんと
同感です!^^
(特に、HELLOWEENとDREAM THEATER)


このSIXX;AMは僕もかなり好きなアルバムです!DREAM THETAERはこのアルバムで大ファンになりました。やはりラストの『LEARNING TO LIVE』の衝撃は僕を洋楽メタルにどっぷりと嵌らせるきっかけになりましたよ。だから僕の中ではこのアルバムに対する評価は最高です。『メトロポリス2』ほどではないですがね。ANGRAはヴォーカルが違えばかなり好きなんですが・・・そのヴォーカルが曲を書いてるからしょうがないですね。HELLOWEENは買った時はそれなりに楽しめましたが今では『タイム・オブ・ジ・オウス』には叶わなかったと思います。

あとROYAL HUNT、かなり注目してます!が、ちょっと聴いた限りでは期待はずれになりそうなのが怖いです・・・。やはり『ムービング・ターゲット』は超えられないんでしょうか(汗)

>ロックシティさん
Six:A.Mは名盤認定です。存分に楽しめますよ。

>タケさん
ROYAL HUNT・・・昨日ラジオで1曲聴きましたが、う~ん。。。といった感じでした・・・。Paper Bloodはまずまずでしたが、今回はParadoxの続編である以上、あれの数倍良くなきゃ困りますよね^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/197-60296684

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。