スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOTLEY CRUE/Saints Of Los Angels 

mc


08年発表作品。

評価:A

1. L.A.M.F.
2. Face Down In The Dirt
3. What's It Gonna Take
4. Down At The Whisky
5. Saints of Los Angeles (Gang Vocal)
6. Mutherfucker Of The Year
7. The Animal In Me
8. Welcome To The Machine
9. Just Another Psycho
10. Chicks = Trouble
11. This Ain't A Love Song
12. White Trash Circus
13. Goin' Out Swingin'


オリジナル・メンバーとしては11年振りとなる新作。バンドの過去を綴った自伝「The Dirt」からインスパイアされて制作された本作は、歌詞を読んで分かるとおりロサンゼルスでの、愉快でありハチャメチャな数々の悪行(?)を描いたものが多く、自然と体がムーヴするような作品に仕上がっている。プロデューサーがSixx:A.Mのジェイムス・マイケル、DJアシュバ、そしてニッキー・シックスとあって楽曲の骨組自体はヘヴィロックに近い印象を受けたが、それを意図的にモトリー節に消化させている気概も感じられた。The Heroin Diarys Soundtrackは成功と引き換えにドラッグに苛まれたニッキーの孤独な姿を描写する極めて内省的なアルバムだった。それと対照的な本作とあってして、2枚同時に対訳を読みながら聴き比べるのも中々に興味深いものになるだろう。てゆーか、ニッキーよ。確信犯でしょ?

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

コメント

これはすんばらしい~アルバムだと思います!この前のDOKKENも思ったけどオヤジ達が新しい血と交わり確実に再生しています!!あまりモトリーは個人的に詳しくはないですけど、ここまでキャチャーなアルバムはなかったんではないですかね!?メロディ重視の僕としては大満足です☆

こんにちは!
このアルバムの脳天気な明るさとSIXX:AMの暗さって、絶対狙ってましたねw
NIKKIは頭がいいなあ~♪

しかも前半はモダンヘヴィ、後半は80年代のサウンドとうまく分けてて、昔からのファンも若いファンも取り込める憎いやり方だなあと思いました!

個人的にはBOB ROCKがプロデュースしたらどうなってたのか興味あります(^^

>タケさん
俺もモトリーはあまり詳しくはないのですが、メロディのキャッチー度でいえば「Dr.Feelgood」の方が上を行くような気がします★俺はタケさんと反対にメロディのフックが弱いと感じてこの評価になってしまいました^^;

>Airyさん
これは絶対確信犯ですよねぇw
しかし、本家とサイドプロジェクトを上手く使い分けて表現の幅を広げるニッキーには、完全に脱帽しました!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/254-6f8ede04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。