スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆6月最も聴いた作品、雑記★ 

毎月恒例のこのコーナーですが、7月はあまりめぼしい新作が出ない為、後半は雑記を書いていこうかと思いますでは、まず6月よく聴いた作品のご紹介

uh


ユーライア・ヒープは「悪魔と魔法使い」です。発表当時は賛否両論を巻き起こしたようですが、今となっては幻想的で色彩感覚豊かなアルバムとして正当に評価されている超名盤ですね個人的には所有しているヒープ作品の中では断トツに大好きで、対自核よりも好きな1枚です

uh


そして、こちらがヒープの新作です。これは誰しもがだと思うのですが、やはりどう見てもヒープはケン・ヘンズレーが主導権を握っていた時代が一番・・・ 今となってはオリジナル・メンバーがミック・ボックスしかいないので、このアルバムはやはりミック主導でギターを前面に出したアルバムですねただ、伝統的なハモンドも健在で、それこそ対自核の勢いを思い出させるような猪突猛進な楽曲もあり、その心意気に深く感激した次第です

jp


ここでは、あえて何も言いません近日中にレヴューを書く予定です

judas


まさにノストラダムスの反動です(笑)俺はこっちの方が好きだし、もっとこういう内容の曲が欲しかったなぁ・・・と、思わずにはいられません・・・(あ、間接的にノストラダムスの内容に触れてる?)


さて、今年も上半期が終了しました。今年前半の総括はまたいずれの機会に書くとして、やはり6月はアルフィーの大宮公演!これに尽きると言いたい所なんですが、俺のライヴ人生史上最悪のコンディションで参戦したため、非常に悔いの残るというか不完全燃焼というか・・・ せっかくセットリストがよかったのにと悔やんでも悔やみきれませんアルフィーの春ツアーも日曜日で全公演を終え、夏に高見沢ソロを含み、秋には再度、全国ツアーですが、昨年から噂されていたように年末武道館3デイズが今年は2デイズのようですね・・・ まぁ行かないので関係ないんですが

最後に、過去のレヴュー記事を気まぐれに一部書き直したりしています。大幅には変えず、一行書き足す程度のものなので、何を更新したかはあえてお知らせしませんが、過去記事を読み直したらちょっと内容が違うっていうのは、つまりそういうことです。やはりレヴューを書いてると、後からこういう表現の方がわかりやすいかな?!とか思ってしまうものなんですよね。近々、過去記事も含め、採点性に戻そうかとも考えております。今日から2008年も下半期突入ですが、改めてこれからもよろしくお願いします

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/256-5f04b07e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。