スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PINK FLOYD/Wish You Were Here 

floyd


1975年発表作品。

邦題「炎 ~あなたがここにいてほしい~」

評価:AAA

1.Shine On You Crazy Diamond (Part 1) /クレイジーダイアモンド(第1部)
2.Welcome To The Machine /ようこそマシーンへ
3.Have A Ciger /葉巻はいかが
4.Wish You Were Here /あなたがここにいてほしい
5.Sine On You Crazy Diamond (Part 2) /クレイジーダイアモンド(第2部)


前作「狂気」は空前絶後のスケール感を持った、歴史的なコンセプト・アルバムだった。その一方で本作はトータルで26分を超える大作Shine On You Crazy Diamondの間に内省的な小作品が3曲収めらている、随分と小ぶりなアルバムになってしまったがため発表当初は多くのファンが肩すかしを喰らったようだ。しかし、Part 1で聴かれるデヴィッド・ギルモアの味わい深いギターソロ、Welcome To The Machineでのアコースティックギターとシンセサイザーの不気味なアンサンブル、Wish You Were Hereの内省的かつ淡々とした美しさ、そしてPart 2で蘇る前半のデヴィッド・ギルモアの熱いギタープレイと、デヴィッド・ギルモアのギターに重点を置いた無駄がなく、素朴さ故に生まれた美しさを感じさせるアルバムである。個人的には最高傑作。

本作は今は亡きシド・バレットに捧げられたアルバムとされている。今日2008年7月7日は、シド・バレットの2周忌である。多くの才能を持ちながら、精神を病み、俗社会から消え去った彼の彷徨える魂に・・・ 今日はこのアルバムを。

R . I .P Syd Barret

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/259-e3b13896

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。