スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★結局・・・購入・・・★ 

先日の記事で、メタリカの新作はしばらく様子を見て購入すると言ったにも関わらず、昨日早速フラゲしてきました~

いやいや、本当はバックチェリーの新作だけ買って帰るつもりだったのですが・・・ さすがにメタリカともなればCDショップも気合いを入れるらしく、洋楽コーナーの一番目立つ所でPVをがんがんに流しているものですから・・・立ち止まって、ただ観ているだけだったのですがカーク・ハメットが荒野でギターソロを弾いてるシルエットがあまりにカッコ良すぎて・・・ 気づいたらレジで会計をしていたということです

metallica


で、一通り聴いてみたのですが、真正メタリカファンでない俺が1回聴いただけで感想(出来・不出来)を書くのはどうかと思うので、あえて他の方とは違う切り口で書かせて頂くとメイデンの「A Matter Of Life And Death」のようにいわゆる情報量が多いアルバムだなという感じでしたなので何十回と聴かないとこのアルバムの本質は理解しがたいのではないのかな?と。メタリカのように常に革新的なバンドは、聴き手がどこに焦点をあわせて聴くかで受け止め方が随分変わってくると思うので、純粋にこのアルバムが良いのか悪いのか。または過去の名作と比べて、良いのか悪いのか。これだけでたぶんかなり違ってくるのではないかな~と思うんですが、如何でしょうか。

bc

して、バックチェリーですがこちらは一回聴いただけで悶絶モノでしたあんまり期待してなかったと言ってはなんですが、シンプルかつメロディアスで現時点で今年の1位はこれかな?と思えるくらい気に入りました。ジョシュ・トッドのメロディセンスは凄いです真正面から向き合っても完成度は高いし、ながら聴きしても極上のBGMになるようなそんなアルバムだと思いますよ

スポンサーサイト

コメント

どうも~。たった今放置ブログ更新しました笑。


メタリカは俺も全く同じ意見を持ってて、マスター・オブ~もそりゃバッテリーはかっこいいけどそんな名盤かぁ?な自分だったんですけど、今作を聴いてメタリカというバンドがどんなバンドか初めて理解した気がします。この重苦しさはブラックアルバム並み、叙情性はマスター、ジャスティス譲り、リフワークは初期二枚の匂いと、ブラックアルバムまでの総まとめと思ってます。


バックチェリーは・・・同じく過剰な期待はしてなかったんですが、ひれ伏しました。最高です。確か15の時もそうだったような笑。いいバンドですよ、ホント。

〉Contrabandさん
メタリカはヘビロテ中です。これは名盤認定です!すべてが素晴らしい!!!

して、バックチェリーもいいですな。ややジョシュの声が一本調子で聞き飽きるきらいもあるけど、一曲一曲のクオリティが高い!だけどシンプルなんだよね。

今年残すはインギーのみかな?!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/277-25f98748

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。