スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yngwie Malmsteen's Rising Force/Perpetual Flame 

ym

2008年発表作品。

評価:83

1. Death Dealer
2. Damnation Game
3. Live to Fight (Another Day)
4. Red Devil
5. Four Horsement (Of the Apocalypse)
6. Priest of the Unholy
7. Be Careful What You Wish For
8. Caprici di Diablo
9. Lament
10. Magic City
11. Leventh Hour
12. Heavy Heart


ボーカルに元ジューダス・プリーストのティム・リッパー・オーウェンズを迎えて制作された新作。当初の発売予定から遅れに遅れ、本邦では先日の11月12日にリリース。イングヴェイ自身のインタビューによると、本作は今までにないくらいヘヴィなアルバムで今までが帆船なら今回は原子力潜水艦と、その違いを強調していたが正直何度聴いてもその違いはわからない。誤解を恐れずに言うならば、いつも通りのイングヴェィのアルバムであり、それ以上でも以下でもないというのが率直な感想。確かにマンネリと揶揄されるフレーズもあるが、凡百のフォロワーには到底生み出す事の出来ないクラシカルな旋律は顕在。前半がハードで、後半はインストやイングヴェイ自身がボーカルを取る10など落ち着いた幻想的な曲が多く、極端に2分化されているため個人的には非常にわかりやすかった。さて・・・ 肝心のティムのボーカルは、まぁ彼じゃなければならなかったと思わせるほど存在感があるわけでもなく、かといってイングヴェイとの相性も悪くはないので及第点と言った所だろうか。

寧ろティムの声質・歌唱法はロブ・ハルフォードに酷似しているので、イングヴェィのアルバムでロブ・ハルフォードが歌っていると思えれば、それなりに楽しめるアルバムなのかもしれないとは思った。

スポンサーサイト

コメント

うう~ん
ビミョウな レビューだなぁ 笑

買うべきか 買わざるべきか それが問題だ!

>虹さん
00年以降~イングヴェィの新作はまるっきし聴いてません。という状況なら楽しめると思います♪

ロブ好きな虹さんは購入すべきです(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/293-379a07a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。