スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回大音量ロックアワード~2008年ベストアルバム10~ 

10.Wake The Sleeper

uh

古豪復活。11年ぶり(?)のスタジオアルバム。6~7月はこれも含めてヒープばっかり聴いてました。まぁ初心者にはこれを買うなら、黙って対自核を買った方がいいとおススメしますが、そこからこれを聴いてみるのも結構面白いと思いますよ。

9.Perpetual Flame

ym

いつものイングヴェイ。すげー!とは思わないけど、駄作でもない。ティム・リッパーのボーカルが時折ロブ・ハルフォードの声に聞こえるので、ロブがイングヴェィのアルバムで歌っていると想像してみると中々面白いアルバムだった。ティムファンの皆様、すいません

8.Saints Of Los Angels

mc

バッドボーイズ・ロックンロールの権化。このアルバムが素晴らしいかと聞かれれば、全体像を観ると出来不出来がはっきりしているんだけど、リアルタイムでモトリーに触れたアルバムなので一応ランクイン。結果的にこのアルバムのおかげで、過去の作品も聴けるようになったし、そういう意味ではこのアルバムがリリースされたことに感謝感謝です。

7.Songs From Sparkle Rounge

def

一言で言うならば「内容は凄くいい。けど個人的にはあんまり好きではない。」というのが本音。相変わらずの人工甘味料を塗ったくったようなキャッチーなメロディはいいにしても、ヒステリア同様、中盤を超えたあたりから曲の区別がつかなくなるのですよねェまぁ、内容はいいです。

6.Nostradamus

jp

まさしく賛否両論でしたねェ。メタルmeetsオペラと言いたい所なんですが、オペラの比重が大きく疾走感を伴ったメタル然としたような曲が少ないことからオペラmeetsメタルと言えるかもしれませんねまぁ尺が100分というのも長過ぎますが、ベテランバンドがこぞって「黄金期の音像」を再現するのに対し、鋼鉄神は(ロブの声が出ないということもないわけではないのだろうけど)バンド史上初のコンセプトアルバム~を制作した気概に拍手を贈りたいです。この歳になって、こんな冒険なかなか出来やしないですよね?

5.Collision Course

royal hunt

続きましてもコンセプトアルバム。リリース当初は、かなり酷評していましたが、実は聴けば聴くほど色々な発見があるアルバムです。音の洪水に埋もれた音を聴きとる.... そうすることによって、今までは見えなかった曲の輪郭が分かるようになってくるんですよねが、しかしそろそろレーザービーム系のキーボードはここらでお終いにして、次はキラキラキーボードを聴かせてください、アンドレさん。

4.Good To Be Bad

ws

デヴィカヴァのしゃがれた声が最高にカッコイイダグの分厚いLPサウンドが最高にカッコイイこの二つがツボにハマって、かなり聴き込んでましたねェ。まさしくサーペンス・アルバス~の続編的なサウンドで、ダグがまさしく開花したアルバムと言えましょう。

3.Black Butterfly

bc

いや~恐るべしバックチェリー。正直ここまで期待していませんでしたシンプルかつメロディアスなロケンロー・アルバムとしては、ここ数年の色んなバンドと比べても明らかに突出してます文句なしの第3位です

2.Chinese Democracy

guns

恐らく読者の皆様は、当ブログにおいての2008年度NO1は間違いなくこれだろうなと思ったでしょう?ある意味、この作品が第2位ということで、このランキングの正当性がはっきりされたかなと(笑)いやー、実は1位にするかかなり悩んだんですがね..... それは後述します

1.Death Magnetic

metallica

かつて当ブログ内で「メタリカは何がスゴイのかさっぱりわからない」と酷評してきましたが、いや~こりゃあスゴイ.......基本的にプログレッシヴな曲調が好きなので、まさにドンピシャでした。実はリアルタイムで触れたメタリカはこれが初で(Stアンガーの時は、すでにこのバンドに疑問を持っていたのでスルー。当時高校3年生でした)タイミングも良かったのかなァと。んで、これを聴いてから改めてマスターなんかを聴くと、やっぱりあの時代もイイんですよねェ。ようは、どれだけ集中して聴けるのかってのが問題な気もします。買った時は、適当に聴いて後から聴き込むと名盤じゃん。。。みたいな




というわけで、2008年度1位はまさかのメタリカでした。他の方のブログでもやはりメタリカが断トツ!という声が多いようですね。いや~気持ち的にはガンズを1位にしたかったんですが、あくまで作品の善し悪しの問題なのでなんとも。大物バンドのリリースラッシュイヤーということでしたが、ガツン!と芯に響く作品はあまりありませんでした。10位~7位はほぼ順不同のようなモノだと思ってもらってもいいです。

さて、今年は誰のアルバムが口開けになるのでしょうか?とても楽しみです。

それでは、また来年(このコーナーが!)
スポンサーサイト

コメント

Yngwie が パープルと来日公演するみたいだけど
行くのかな? 笑
なんか、なんとも言えないね~
マガイモノ みたいでさ・・・ 

あ、私は行きませんけど

〉虹さん
これで東京行く気はしませんわぁ。

仙台でも行かないなぁ。

盛岡でもジョン・ロードがいるなら行くかな~みたいな感じですf^_^;

こうして眺めると、去年は大物のリリースが多かったですね。ランクにはないですがAC/DCも出しましたしね。そんな中でメタリカ、ガンズの上位の中バックチェリーは大健闘ですね!僕もこのアルバムは聴き込みましたよ☆特に1曲目。

アンドレ、出来ればジェフ・ダウンズに弟子入りしませんかね~(笑)

>タケさん

バックチェリーは驚きでしたねェ。僕も1曲目が大好きですよ★最近アンドレのキーボードは良くも悪くも押せ押せなので、ここいらで引きのキーボードを聴かせて欲しいですね♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/305-ad7757d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。