スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃速報の裏側。 

前の記事でも触れましたが、Mr Big再結成の件でB誌と各レコード会社が大喧嘩したと酒井氏が喋っておられました。以下、記憶による抜粋です。

・エリック・マーティンがカバーアルバムをリリースするので(したので)アメリカに電話インタビューを申し込む。が、エリックが指定した日時時間にB誌の担当インタビュアーが別の仕事が入っていたため、急きょ英語を話せる外部のライターを起用して電話質問したとのこと。そのライターにはB誌の担当から質問リストがたくされていた。電話インタビュー等の場合、通常はレコード会社のオフィスに赴いてやられるようですが、何故か担当者から質問リストを検閲されリストの半分以上は「これは聞いてはいけない」と言われたらしい。B誌はこれに猛抗議。結果的にレコード会社担当はただ一言「あっ、すんません」と気持ちのこもってない謝罪をしたらしい。

この担当者、かなり曲者らしく、エリックがジャケット撮影する際にもスタイリストでもないくせに「この服はだめだ」とか「ポーズはこうだ」とか指示を出し、エリックは相当イライラしていたらしい。またエリックはカバーした日本のミュージシャンは誰ひとり知らないとのこと。

・今回のMr Big再結成の件でB誌は2月5日発売の2009年3月号の表紙をMr Bigに決定。もちろんメンバー4人の巻頭独占インタビュー。当初からポール・ギルバートの所属するレコード会社から「再結成発表はポール・ギルバートの日本ツアーが終わる2月4日以降にしてほしい」と打診されていた。というのは、B誌が5日発売なのでラジオ等の媒体で情報を一切流さず、誌上にて初めて発表してほしいと。B誌はそれを快諾するも、昨夜の1月31/2月1日分のヘビーメタルシンジゲートで3月号のBURRN!のCMを流すときに「表紙はMr Big 巻頭独占インタビュー」というテロップを流さないでほしいとレコード会社に言われ酒井氏大激怒。これはビジネスなのだから、CMは打たせてもらうとのこと。

結局CMを打つなら知れたも同然なので発表が昨日の深夜になったのでしょうね。

という一幕があったようです。エリックの件は直接的にMr Bigには関わってない気がするんですが、質問リストに再結成の話が書かれていたのかなー。本読みながら聞いていたんで記憶が曖昧です。ということで、5日発売のBURRNから目が離せませんな!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/310-d5380ac5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。