スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルフィー、夏の野外イベント開催決定! 

alfee

以下、サンスポより転載

3人組バンド、THE ALFEEが17日、横浜市中区の横浜赤レンガパークで会見を行い、25年続いた夏の野外ライブを今年限りで終了することを発表した。“ラストライブ”は8月8、9日に同所の特設会場で開催する。

 デビュー35周年を迎えた大御所バンドが、夏の風物詩にもなった輝かしい歴史に終止符を打つ。1982年の第1回公演以来、主に野外会場で実施してきたサマーイベント。だが、ここ2年は会場の都合がつかずに見送られてきた。

 ようやく、3年ぶりの復活を発表。同時に高見沢俊彦(55)が「この夏で集大成にしたい。ALFEEとして解散せずに35年やってきて、1つくらいケジメをつけようと思いました」と衝撃の終了宣言だ。

 86年には、お台場に生まれ変わる前の東京湾13号埋立地で、日本初の10万人コンサートを成功させたのを手始めに、数々の伝説を残してきた。もちろん、締めくくりもド派手に飾る。桜井賢(54)は、みなとみらい地区の高層ビルの屋上を指さし、「あそこから、大きな花火を打ち上げたいねえ」とひげをピクつかせた。

 この日は高見沢の55歳の誕生日。「音楽に年齢は関係ないということを身をもって証明したいです」と力強く言い切った。伝説のイベントに区切りをつけても、バンドの歴史はまだまだ続く。


以下、日刊スポーツより転載

THE ALFEEが恒例のサマーイベントを今年限りで終了する。17日、今年の会場となる横浜・赤レンガパークで行われた会見で明らかにした。今年は8月8、9日の2日間で計6万人を動員する予定。82年から開催し、今回で動員人数が150万人を突破する人気イベントだった。「終わりのないバンドと言われますが、1つぐらいけじめをつけたい」というメンバーの意向もあり、夏の風物詩の終止符を宣言した。

 今年でデビュー35周年を迎えるTHE ALFEEは年間60本前後の公演を行うなど、日本有数の動員力を誇る人気バンドとして知られる。サマーイベントは今年で26回目。こだわりを持ってこれまで開催してきた。会見で高見沢俊彦(55)は「年がら年中コンサートをやってきて、屋外コンサートはこの夏で、いい意味で終わりにしようと思います」。淡々とした口調で終止符を宣言した。

 理由はさまざまある。サマーイベントだけに、会場は基本的に野外にこだわってきた。高見沢が「東京ベイエリアと名付けたのはボクです」と胸を張った86年の東京湾13号埋め立て地。そのほか、横浜・赤レンガパークや埼玉・朝霞米軍キャンプ跡地など、ミュージシャンとして初めてライブを開催する場所も少なくなかった。高見沢は終止符を打つ理由の1つとして「誰もやってきたことがない場所がなくなってきている」と、会場の問題を挙げた。

 野外ライブを取り巻く環境の変化もある。今年の開催地、横浜・赤レンガパークでのライブは3回目。桜井賢(54)は「昔は音の出し放題だったよね」。坂崎幸之助(55)は「最初は倉庫で何もないような所だったのにね」。高層ビルが立ち並ぶ周囲をしみじみと見渡した。近年、同パーク周辺はマンションやショッピング施設などが増え、騒音問題が浮上。騒音対策や警備上の問題などから、この2年は野外ライブを断念した経緯もある。今回でのサマーイベント終了も、騒音問題が大きな理由のようだ。

 最後のサマーイベントのタイトルは「YOKOHAMA PERFECT BURN」。完全燃焼と名付けた。高見沢は「やってみないとさびしいかどうかは分からない」と、さすがにまだ実感はわかない様子。「(ヒット曲)『星空のディスタンス』を屋外で歌う最後かと思うとグッとくるね。今までと違う野外のテンションになります。完全燃焼して、夏の集大成にしたい」と誓った。



alfee

以下、ヨコハマ経済新聞より転載

結成35周年を迎えたロックバンド「THE ALFEE(ジ・アルフィー)」が4月17日、横浜市役所を訪問し、8月に開催されるトライアスロンイベントへ応援ソング「冒険者たち/The Adventure Begins」を贈呈した。

 提供する曲は、8月21日~23日に行われる「2009トライアスロン世界選手権シリーズ横浜大会」「世界キッズトライアスロン大会」「世界こどもスポーツサミットin横浜」の3イベントの応援ソング。「自分やタイムへのチャレンジ=冒険と、未来に向かって突き進む子供たちへ贈る応援歌」が曲のイメージコンセプトとのこと。

 またバンドとしては、2006年以来休止していたサマーコンサートを、3年ぶりに8月8日、9日に赤レンガパークで「最後の夏イベント2009」として開催することを発表。3つのトライアスロン関連イベントのプレイベントと位置づけ、曲の演奏でトライアスロンをPRする。動員は6万人の予定。コンサートには横浜市民枠を設けるほか、収益の一部をトライアスロンに寄付する。野外イベントを行うのは今回で終了の予定。

 THE ALFEEと横浜市とは、Jリーグ横浜FCへのオフィシャルチームソングの提供や、1994年の国際会議場「パシフィコ横浜」国立大ホールの落成記念コンサートのほか、市内で86回のコンサートを実施してきた経緯がある。曲の提供は横浜市から依頼。

 メンバーから楽曲のCD盾を受けとった中田宏横浜市長は「冒険者たち」について「躍動感あふれる曲。私も曲を作って恩返ししたいと思ったくらいです。多いに活用させて頂きます」と話し、3人に「開国博Y150」のマスコットキャラクター「たねまる」のぬいぐるみをプレゼントした。

 ボーカルの櫻井賢さんは「都心部でトライアスロンが開催できるのは、横浜の海が泳げるほどきれいであるということ。微力ながら我々としても協力できることを誇りに思う」と。「冒険者たち」を作詞・作曲した高見沢俊彦さんは「THE ALFEEEはメンバー交代や活動休止もなく35周年を迎える。どこまでやれるか『冒険』でもあり楽しみでもある。音楽は年齢ではないことを証明したい」と話した。



今年で最後ですかァ。そう言われるとなんだか寂しくなりますね

最後に行ったのが04年の夏だから、もう5年も経つのかァ。。

これは行こうかな

スポンサーサイト

コメント

紅梨洲は未だに夏イベ参加経験が無いので両日参加します!!
紅梨洲にとっちゃ最初で最後の夏イベになるのが正直ツラいですが(>_<)
確かに騒音問題と会場の場所の関係で年々夏イベ開催が難しくなってるのはしょうがないですよね(-o-;)
それと,今回のツアーTシャツのデザインがイマイチだなぁ~って思いました(-.-;)
画像見た瞬間,リアルに湿気りました(-з-)
去年の春ツアーのTシャツは夏っぽくてジーンズとの相性もバッチリでTシャツ着て盛岡市内をうろついてました^^(笑)

>紅梨洲悌~娜 さん
僕は3回ほど参加していますが、23回目の夏は未だに記憶に焼きついてますよー♪超大雨でしたからねェ^^;

現実問題として、場所もなければ年々集客力が落ちているのでビジネス面で考えれば仕方ないことです。まぁ横浜で燃え尽きましょう!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/329-e119772e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。