スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE ALFEE/AGES 

alfee

86年発表作品。

評価:89

1.不良少年
2.夜明けのLANDING BAHN
3.AMERICAN DREAM
4.Swinging Generation
5.SWEAT & TEARS
6.Rockdom ~風に吹かれて~
7.Wind Of Time
8.Bridge To The Sun
9.The Ages
10.夢の終りに


LAでレコーディングされた9th。ほとんどすべての作業がLAでなされており、前作までとは明らかに音のエッジが際立っているというのが特徴的。青春への自問、時代への辛辣なメッセージと硬質な楽曲の割合が多く、今現在のアルフィーの全作品を持ってしても、このアルバムが放つ独特の存在感は異質。思えば、この86年にアルフィーは日本史上初の10万人ライブを達成。物質的なピークを迎えて「どこへ転がり続けるのか 誰か答えてくれ」とは、まさしく当時のアルフィーの魂の叫びだったのではないだろうか・・・・・・。なお、本作よりバンド表記をTHE ALFEEに変更。

余談だが、個人的にライヴとは打って変わってテンポの遅すぎる5だけは絶対に飛ばしてしまう。

スポンサーサイト

コメント

このアルバムってLAでレコーディングされただけあって,若干アメリカンテイストになってるような気がするのは紅梨洲だけでしょうか?確か,「We are the Would」がレコーディングされたスタジオでレコーディングしたみたいですが(^_^;(←いらん情報)
紅梨洲は5も飛ばしそうになりますが,4を飛ばしたくなっちゃいます(爆)

次のレビューも楽しみにしてます(^_-)-☆

これからのベクトルだと思ったが、結局は異色作

「AGES」好きでした。硬質なアルバムでしたが、記事にお書きになっているように「これからどこへ行くんだろう」と思わせる内容で、聴いていてゾクゾクしました。
これからは少しウェットなハード路線で行くのかと思った私は、次の「U.K.」でええっ~となりましたが・・・
5を飛ばすのは私も同じです。

〉くりすてぃーなさん
1、3、8あたりはご指摘通りアメリカンテイストを感じられる曲調になっていますね♪アルバム全体の冷たい雰囲気が緊張感を持続させる良作ですね(^_^)

〉東京ヒルトンさん
次作の内容をここで書いちゃうと、レビューで書く事がなくなっちゃうのでf^_^;笑

ここでは明言しませんが、確かに肩透かしをくらう内容ですね......。RENAISSANCEとAGESは今の音で再録してもらいたい作品ですね♪

お久しぶりです
ちゃんと ロムっていますよ 笑

これは なんか
尖っているっていう 印象
言いたい事があるんだよ!
みたいな 内容ですよね 笑

彼らもまだ 若かったし
そういう時代でもあっただろうし・・・

今の彼らに一番無い部分かなぁ

というのが この盤も
近年の盤も
近年になってから
ごちゃ混ぜにして聴いた
私の感想です

>虹さん
おひさしぶりです。いつ来るんだァと話していた所ですよ(笑)

>言いたい事があるんだよ!
みたいな 内容ですよね 笑

まさにその通りです!今はあきらめるなしか言ってませんからねェ(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/350-4ef46b17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。