スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slashのソロアルバム・・・・・。 

slash

2人組ロックグループ「B’z」の稲葉浩志(45)が、 米人気ロックバンド「ガンズ・アンド・ローゼズ」の元ギタリスト、スラッシュ(44)のソロアルバムに参加することが28日、分かった。 ロン・ウッド(62)、イギー・ポップ(62)、ファーギー(34)ら人気アーティストに交じって日本代表として競演。 自慢のハイトーンボイスを世界にとどろかせる。

アジアから初めて「ハリウッド・ロック・ウオーク」に殿堂入りするなど、 日本のロックを代表する実力派ボーカリストが日米夢の競演を実現させた。

稲葉がボーカルを務めたのは、来年2月発売予定のスラッシュのアルバムに収録される「サハラ」。
今夏、稲葉がロサンゼルスに渡り、2人でレコーディングを行った。 スラッシュが作ったミディアムテンポの曲に、稲葉が全編日本語の歌詞を乗せた。 スラッシュのギターをバックに、稲葉は海外でも評価の高いハイトーンボイスを思う存分に披露している。

スラッシュはガンズで世界的な成功を収めた後、96年にバンドを脱退。 以降は2つのバンドに参加したが、今年から本格的にソロ活動を始動させた。 ローリング・ストーンズのウッドやイギー、ファーギーら多彩なゲストを迎えてアルバムの制作に取り組む中、 日本代表として指名したのが稲葉。 2人は以前に共通の知人を通じて知り合っており、今回はスラッシュの呼び掛けに快諾した形だ。

稲葉が海外アーティストと共同で曲を制作するのは、 99年のスティーヴ・ヴァイ、04年のスティーヴィー・サラスに続いて3度目。 ガンズといえば、世界でも今も根強い人気を誇るバンドだけに、 今回の競演は海外にその名を広める大チャンスとなりそうだ。



決してB’zファンではないのですが、スラッシュのソロアルバムに日本人が参加するという事実はかなりスゴイことだと思います日本語歌詞ということなので、日本以外の国で日本語がどういうインスピレーションを与えるか非常に興味深いですね。そして、この稲葉が参加した「サハラ」は11月11日にカップリング(Paradise Cityのセルフカバー!)を含むシングル盤としてアルバムより先行発売されます詳細はコチラ

現時点で元ガンズ組からはイジー・ストラドリン、ダフ・マッケイガン、スティーヴン・アドラー、マット・ソーラムが参加しており、その他にもオジー・オズボーン、イギー・ポップ、アリス・クーパー等の超大物が参加している作品だけあって、来年初頭の大目玉アルバムになることは間違いないでしょう

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/367-f759623e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。