スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE ALFEE/夜明けを求めて 

alfee

1.夜明けを求めて

イントロがトランスっぽいのに、いきなりイングヴェイ風の様式美的なギターが切り込んでくるという(笑)Lifetime Love以降のシングルの既定路線~アコースティックギターを前面に出しながらもロック色は保っている「アルフィーらしい」曲かなァと。賢さんの声は相変わらず艶があり、サビのコーラスも綺麗です個人的には風の詩より好きかな。

2.Girl (Live Version)

夏イベに行ってない僕には思い入れのない音源なのだけど、まぁ珍しくこの曲をやったということに意味があるのでしょう。イントロの瞬間の歓声、わかるわかる(笑)

3.Musician (Live Version)

幸ちゃんの歌が一番安定感ありますねェ~。


3枚全部買うということはないので、いつもカップリングで選んだ結果、今まで全部高見沢盤だったのが今回は坂崎盤になりました。See you againは聴きたいけど、夏しぐれがいらないんだよなー(Count Down1999だったら高見沢盤3枚買ってもいいくらいなのに←嘘)そして12月には今年3枚目のシングル発売決定ということです。嬉しいんだけど、来年のアルバムには一体シングルから何曲入るんだ......?半分が既発表曲とかはマジ止めて欲しいもっと言ったらSining Runもいらないシングルは2曲程度であとはまっさらな新曲をお願いします。もうそれだけで頭が一杯ですわ。

スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです

ガブリエルさんの記事に触発されて、久しぶりにALFEEの「夜明けを求めて」を聴いてみました。

桜井さんは相変わらず歌うまいですね~。もっと世間に広く評価されていいのにと、いつも思います。

メロディーもカッコいいですが、サビで突然メジャー調になるのが意外でした。あのメジャーの部分の雰囲気がアルフィーらしいといえばらしいですが、ちょっと流れが断ち切れるように感じました。

高見沢さんのギターはちょっと過剰なんじゃないかと思います。歌の本来の持ち味に対して、あんなにヘビーにのたうつエレキが必要なんでしょうか。「ヤッターマンの主題歌」なんかもそうでしたが、ちょっと自分の好みを押し出しすぎじゃないかと感じました。

それからやっぱり歌詞の内容ですね。以前に私が「ALFEEは年齢相応の歌を歌うべき」とコメントした時に、ガブリエルさんは「アコースティックをしろということですね」とお返事されてましたが、そうじゃないんです。歌詞のメッセージなんですよ。50代の男が歌う歌詞じゃないと思うし、私のようなオジサンが共感する歌詞じゃないんですよね。

「夢をあきらめるな」とか「あきらめない夢は終わらない」とか言われても、現実にはきれいごとや正論だけではやっていけない部分ってあるじゃないですか、世の中には。大きな夢はあきらめても、その結果得られたささやかね幸せを大切にしている大人は多いでしょう。そういうところへの共感がALFEEの歌にはないんですよね。

昔のファンは年を取ったのに、ALFEEの新曲は年を取らない。で、そのメッセージが残念ながら世代を超えた普遍性を感じさせない。はっきり言ってしまうと中高生へのメッセージという感じなんですよね。

そこが大人としてリアリティを感じられないところなんです、少なくとも私には。

いっそ歌詞を全部英語にしてしまえば、そのメロディとアレンジ・演奏のよさで聴けるのにと思います。

いろいろ言ってすみませんが、ALFEEについて語れる場所ってこのブログしかないもので・・・

夏イベに参加した紅梨洲はGirlのイントロが始まった瞬間、曲を認識するのに時間がかかって(笑)
Girlって家ではあんまり聴かない曲なんですよ(^_^;)

来年頭に出るアルバムには既発表曲は入れないと思います(^_^;
My Truthのアコースティックバージョンだったら許容範囲だからまずいいとして、My Truthって個人的に思い入れの強い曲なので絶対アレンジしてほしくない曲なんですよ。
既発表曲を入れるんだったら、ベストアルバムを出すのが無難ですよね┐(´ー`)┌

〉東京ヒルトンさん
お久しぶりです★僕の記事に触発されてだなんて光栄です。ブログやってて良かったーと思いました(笑)

さて新曲ですが、記事に書いたように曲はフォークロックなのにイントロはトランスとネオクラシカルなギター..... 僕はこういう事をやっても楽曲そのものが破綻しないのがアルフィーなのだと思います。

ヤッターマンに関しては、あれは高見沢のソロ名義であり高見沢自身『ソロはメタルをやる』と公言していたので、テレビ曲側もヤッターマンのメタルアレンジということを最初から想定していたのだと思います。

アルフィーは今も昔も高見沢のワンマンバンドという一面が強いので、正直な話をすればアルフィーでも高見沢のやりたい事を表現しているじゃないかと思ってましたが、実際07年に発表された高見沢のソロアルバムを聴いてみると『確かにこれはアルフィー名義では出来ない』という構成でした。そう思ってアルフィーの曲を聴くと、三人それぞれの個性が際だっていることを実感しました。

歌詞に関しては、僕は現代社会の病巣を描いたようなものを書いて欲しいという希望があります。基本的に高見沢自身、現実的な歌詞は書きたくないという意向があるようなのでちょっと難しいかなと思います。もともと高校時代からロックとは非日常であることを信条としている人なので、僕は割り切っています。

長々しいお返事になってしまいまた。

〉くりすてぃーなさん
アルバムには間違いなく既発表曲入りますよ。シングルなしのアルバムは今のアルフィーの売上実績では企画段階で不可が出ると思います。ベストアルバムも今年出してるんでないと思われます。

買っていないですが 笑
ラジオで聴いたので感想を・・・

そう イントロが イングヴェイ風で
嫌いじゃないです 笑
でも 突然 ヴォーカルが入ると
ロックじゃなくなって
不思議・・・ 笑

ちょっとまちがうと
ムード歌謡、みたいな・・・ 笑

歌詞は 本当にアレですね・・・
今度インストのソロアルバムなんか
どうでしょ~ね 笑

↑上の方のコメントなど
なかなか 興味深く読ませていただきましたよ
男性のブログって 冷静な目があって
いいんですよね
「文句あるなら聴くな」とか
すぐ 感情的になる人
多いですからねぇ・・・

ガブリエルさんは 男性だし
若いので
結構自由に書いても
角が立たなくっていいですよ~
そういう 貴重な場を提供していると思ってくださいな

Re: タイトルなし

>虹さん
ありがとうございます★
そうですね~考えてみたら、アルフィーのブログ書いてる方って女性の方が多いですものね。実力があるバンドで、音楽的なバンドなのに世間様からは色眼で見られるバンドなので(笑)いいものはいいと発信していきたいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/371-8ae45e3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。