スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slayer/World Painted Blood 

slayer

2009年発表作品。

邦題:血塗ラレタ世界

評価:88

1. World Painted Blood /血塗ラレタ世界
2. Unit 731
3. Snuff
4. Beauty Through Order
5. Hate Worldwide
6. Public Display of Dismemberment
7. Human Strain
8. Americon
9. Psychopathy Red
10. Playing with Dolls
11. Not Of This God


3年振りとなる10th。相変わらずのスレイヤー節炸裂!という点では、彼らは昔から何も変わっていない。迫りくる邪悪なリフの洪水...... ファンならばそれだけで失禁モノだろう。肉体的な限界説から引退が噂されたトム・アラヤのボーカルも素晴らしい。本来であれば、既に曲作りを行ってリハーサルを重ねた上でスタジオに入るという工程を踏んできたバンドが、スタジオ内でのジャムから自然発生的に曲を作ってレコーディングした作品とあってして、アルバムの中にいわゆる捨て駒的な曲がないように思う。それがジャムから生まれるマジックなのだろう。ただし録音レベルの問題なのか、演奏レベルの問題なのか、演奏がタイト過ぎて音が軽く感じてしまうのは如何か。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aube2000.blog97.fc2.com/tb.php/378-9713340c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。