スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてさて。。。 

最近PCの調子が悪く更新が滞ってしまいました(調子良くても滞ってる?)

実は今、もう一つ音楽ブログを立ち上げようか思案中。

完全移行するか、こっちはアルフィーメインで書いていって洋楽話は新しい方にしようかなとか・・・。

まぁ色々考えてます。

レヴュー頻度も落ちてきたので、心機一転、新しい方で週2枚くらいのペースでマニアックに書いていきたいなというのが本音だったり。。。

GUNS N' ROSES来日間近!!! 

guns

2年5カ月ぶりの来日公演が間近に迫ってきたGUNS N' ROSES

このバンド不思議なモノで、プロモーターから来日公演が発表されチケットも売り出しているというのにオフィシャルをまったく更新しないという(笑)だから本当に来るのかなーなんて思っていたのですが、ようやくオフィシャルのツアーデイトの部分だけが更新されていて、めでたく日本も入っていたので何かとんでもないことが起こらない限りは来日してくれることでしょう(笑)なんたって前回はライヴ2日前に全日程延期ですからね......。

一応、これがワールドツアーの現時点で発表されているスケジュールです

12.11.09 Taipei, Taiwan
12.13.09 Seoul, S. Korea
12.16.09 Osaka, Japan
12.19.09 Tokyo, Japan
01.13.10 -- 02.04.10 Canada
03.10.10 -- 04.10.10 South America


詳しい日程は発表されていませんが、来年1月13日~2月4日までがカナダツアー。3月10日~4月10日までが南アメリカツアーで、何かの情報だと2日おきにライヴというスケジュールだった気がするので公演数は結構多いはずだと思います(アクセルのドタキャンがなければ

衝撃の問題作「Chinese Democracy」リリース後、初となる今回のワールドツアー。ある意味では、発表から1年の時を経て、真の意味でチャイデモがベールを脱ぐ瞬間がやってきたとも言えるかもしれませんね

アルフィー新曲ジャケット発表。 

alfee

alfee

alfee


1枚目が1番好きですねー(笑)

2枚目が評判いいみたいですが、ちょっとCGっぽい感じが好きじゃないです(森雪が全然可愛くないじゃん!それとたかみー真ん中はファン心理を無視しているとしか思えない)

んで、カップリング的に買うのは間違いなく3でしょう。

なんやかんや文句をつけた所でアルフィーのCDを部屋に飾ることはないので、結局今回も1枚になりそうです。

さて明日は仙台です楽しんできまーす

白夜行=狂気。 

pink floyd

一昨日からDVDで「白夜行」というドラマを観ています。いや、正確には観終わりました(笑)続きモノのシリアスなドラマや漫画、小説は一回観始めると一気に駆け抜けたいタイプなので・・・・・。

ここであえてどのようなドラマなのかは説明しませんが、こういう悲劇的なお話は大好きであります。んで、こういうドラマを観てると、洋楽でなんかイメージにあうアルバムないかな~と思ってCDラックを探しだすんですが、この「白夜行」を観ているうちからこれはあのアルバムしかありえないなと思ったのが、ご存じピンク・フロイドの「狂気」。

いやーひさしぶりに聴いたらこれがなんとも素晴らしい

1秒も聴き流せる瞬間が存在しないアルバムなんですが、みんなこのアルバムでプログレに挫折するそうです個人的に「狂気」はロック色が強いしと思うし、フロイドに限って言えば他のアルバムよりは起承転結がはっきりしていて分かりやすいと思うんですがねェ・・・・・・(まぁ1stは別モノですが)

僕にとってのフロイドの最高傑作はこれではないし、広いプログレの世界を見渡せばこれより好きなアルバムはたくさんあるんですが、それでも素晴らしいモノは素晴らしい(とかいいながら、これが世間的に評価されて3500万枚も売り上げたのだけは意味がわからない・・・)



Since 1999 

alfee

来る11月21日は仙台にてアルフィーのライヴに参加してまいります

アルフィーのライヴを初めて観たのは今から10年前の1999年12月5日、盛岡市民文化ホールが初めてでした。この時僕は中学2年で、まだ「ライヴ」というものがどういうものかもイマイチ把握していなかったし、それこそ未知との遭遇って感じでした。

Justice For True LoveのPVをバックにライヴのCMをやっていたんですが「なんかアルフィーって人気なさそうだし、発売日にかけなくてもチケット取れるでしょー」と思って初日には電話をしなかったんですよ(笑)んで数日経ってかけたら「全席完売」のアナウンスが・・・・・・ キャンセル待ちが出来るというのもこの時知って、キャンセル待ちに申し込んで、まぁ無事にチケットをゲットしたというわけです。

それまで「生で観る」といったらプロレスだけだった僕にとって、派手なステージセットと照明っていうのはそれはそれは衝撃でした。あの当時なんてアルフィーの曲は3曲くらいしか知らない状態で行ったんで、もうほとんど口ポカーン状態だったんですけどねェ(笑)

今でも覚えてるのがその時のライヴのMCで幸ちゃんが「アルフィーファンは親切で教えたがりな人が多いから、知らない曲があったら隣の人に教えてもらってください」なんて言うから、えー聞きたいけど全部聞くわけにはいかんしなぁと逆に困ってしまったモノです。

あれから10年目のステージを観て、一体僕は何を想うのだろう?

そんな自分の画がとても気になる今日この頃です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。